スタジオ閉鎖危機のFree RadicalをCrytekが買収?社内の脚本家が告白 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スタジオ閉鎖危機のFree RadicalをCrytekが買収?社内の脚本家が告白

ニュース 最新ニュース



UPDATE 2: Crytekが公式サイトにてFree Radicalの買収をアナウンスしました。発表によると、ノッティンガムにあったFree Radical Designのスタジオは、今後Crytek UKと改名、ドイツの開発会社であるCrytekのネットワークの一つという位置付けになります。Free Radicalは、CryENGINEという新たな武器を手に入れて、これからもその才能を活かしてゲームの開発を続けていけることになりました。

UPDATE: [url=http://www.shacknews.com/onearticle.x/57079]Shacknews[/url]などによると、CrytekはFree Radicalの買収を正式に認めたようです。

* * * * * * *


Haze(ヘイズ)やTimeSplittersシリーズの開発元として知られ、昨年末からスタジオ閉鎖の危機に陥ってたUKのFree Radical Design。開発途中のプロジェクトも含め、今後の行方が心配されていた同社ですが、あのCrysisを生み出したドイツのデベロッパーCrytekが買収に乗り出しているのだとか。

これは、Free Radicalで脚本を担当してるRob Yescombe氏が1UPに対して独自に語った情報。Yescombe氏は、取引は非常にスムーズに結ばれたと打ち明けており、「やっと危機を脱することできた、うれしくて言葉も出ない」と興奮気味の様子。Crytekから正式な回答が得られるまでは噂扱いになりそうですが、もし事実なら、本当に頼もしい助っ人の登場となりそうです。[size=x-small](ソース: [url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3172598]1UP: Crytek Purchases Free Radical, Says Company Scriptwriter[/url])[/size]

【関連記事】
『Battlefront III』『Stormbird』…昨年リストラされてしまった幻のプロジェクトが発掘
『Haze』や『TimeSplitters』の開発会社Free Radical、スタジオ閉鎖の危機に
PS3の最新FPS『Haze』開発チームFree Radicalのダイアリー映像
『Far Cry』『Crysis』で知られるCrytekがPSP用タイトルを開発中?
PC専用は最後?『Crysis Warhead』発表で気になるCrytekのプラットフォーム戦略

- トップに戻る -
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  3. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

    『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  4. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  5. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  6. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  7. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  8. PC版『Watch Dogs 2』Steamにて予約開始―豪華版の詳細や高画質スクショも!

  9. 三国志を描く『Total War: Three Kingdoms』が発表!―『Total War』シリーズ最新作

  10. 『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービスが6ヶ月延長決定―2018年7月まで

アクセスランキングをもっと見る

page top