『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂

PC Windows



Call of Dutyのシリーズ第六作目にあたるModern Warfare 2が今年11月に発売されますが、その次回作となるCall of Duty 7の情報が早くも噂に上っています。

That Videogame Blogの記事によると、ActivisionはCall of Duty 7で使用する楽曲のライセンスを取得中で、その曲が1959年から1975年のベトナムでリリースされたものであるとのこと。他にも、キューバ、アフリカ、ソビエト連邦といった国の曲も確認されており、これらの国や時代設定がゲームで採用されるのではないかと言われています。

また、同サイトは、Call of Duty 7のプロジェクトに、Call of Duty: World at Warでプロデューサーを務めたNoah Heller氏が関与していると指摘。これは、最新作の開発をTreyarchが手掛けていることを意味します。Noah Heller氏が第二次世界大戦の設定を終わりにすると発言していたとの情報もあり、今回の噂との関連性もなきにしもあらず。

Treyarchとinfinity Wardが1年サイクルで順番に新作をリリースしていることからも、噂の信憑性は高そうですが、もしベトナム戦争を舞台にしているなら、色々な意味で注目を集めることになるかもしれません。(ソース&イメージ: That Videogame Blog: Call of Duty 7 in Vietnam, Cuba? via Destructoid)

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
今度は日本兵のゾンビも! 『Call of Duty: World at War』のマップパック第2弾が6月配信
Activision「Modern Warfare 2でゲーム史上最大のセールスを記録したい。」
ロシア人、潜水艦、ブラジル、テディベア…?『Modern Warfare 2』謎のトレイラーを徹底分析
『Call of Duty』第一作目がPSNとXBLAに登場?ESRBレイティングサイトで確認
「犬を殺すなんて…」動物愛好家らが『Call of Duty: World at War』を非難
海外レビューハイスコア 『Call of Duty: World at War』
ドキッ! ゾンビだらけの第二次大戦『Call of Duty: World at War』ゾンビモードトレイラー
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Dead by Daylight』に満を持して女性殺人鬼が実装へ

    『Dead by Daylight』に満を持して女性殺人鬼が実装へ

  2. 『PUBG』7月度アップデートの内容一部発表―新衣装が大量追加!課金箱もテスト実装

    『PUBG』7月度アップデートの内容一部発表―新衣装が大量追加!課金箱もテスト実装

  3. 『Dead by Daylight』新チャプター「SPARK OF MADNESS」が近日配信!

    『Dead by Daylight』新チャプター「SPARK OF MADNESS」が近日配信!

  4. 魔法サンドボックスRPG『Citadel: Forged with Fire』発表!―『Slender: The Arrival』開発元新作

  5. アイドル洋ゲー『Shining Song Starnova』が色々キワドイ―「例のプール」も?

  6. ゾンビパルクール『Dying Light‏』無料DLCが海外PC向けに配信―家庭用版は9月

  7. 「シブサワ・コウ アーカイブス」第7弾Steam配信開始―『三國志VII』『信長の野望・将星録』『Winning Post』

  8. 無数の怪物を退けミッションを攻略せよ!『Solstice Chronicles: MIA』Steam配信開始

  9. カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

  10. 人気シリーズ初のアクションがSteamに!『Fate/EXTELLA』Steam配信開始、日本語も収録

アクセスランキングをもっと見る

page top