『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂

PC Windows



Call of Dutyのシリーズ第六作目にあたるModern Warfare 2が今年11月に発売されますが、その次回作となるCall of Duty 7の情報が早くも噂に上っています。

That Videogame Blogの記事によると、ActivisionはCall of Duty 7で使用する楽曲のライセンスを取得中で、その曲が1959年から1975年のベトナムでリリースされたものであるとのこと。他にも、キューバ、アフリカ、ソビエト連邦といった国の曲も確認されており、これらの国や時代設定がゲームで採用されるのではないかと言われています。

また、同サイトは、Call of Duty 7のプロジェクトに、Call of Duty: World at Warでプロデューサーを務めたNoah Heller氏が関与していると指摘。これは、最新作の開発をTreyarchが手掛けていることを意味します。Noah Heller氏が第二次世界大戦の設定を終わりにすると発言していたとの情報もあり、今回の噂との関連性もなきにしもあらず。

Treyarchとinfinity Wardが1年サイクルで順番に新作をリリースしていることからも、噂の信憑性は高そうですが、もしベトナム戦争を舞台にしているなら、色々な意味で注目を集めることになるかもしれません。(ソース&イメージ: That Videogame Blog: Call of Duty 7 in Vietnam, Cuba? via Destructoid)

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
今度は日本兵のゾンビも! 『Call of Duty: World at War』のマップパック第2弾が6月配信
Activision「Modern Warfare 2でゲーム史上最大のセールスを記録したい。」
ロシア人、潜水艦、ブラジル、テディベア…?『Modern Warfare 2』謎のトレイラーを徹底分析
『Call of Duty』第一作目がPSNとXBLAに登場?ESRBレイティングサイトで確認
「犬を殺すなんて…」動物愛好家らが『Call of Duty: World at War』を非難
海外レビューハイスコア 『Call of Duty: World at War』
ドキッ! ゾンビだらけの第二次大戦『Call of Duty: World at War』ゾンビモードトレイラー
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドサバイバル『Rust』正式版配信日が決定

    オープンワールドサバイバル『Rust』正式版配信日が決定

  2. PC版『PUBG』テストサーバーが終了、フィードバックは引き続き募集中

    PC版『PUBG』テストサーバーが終了、フィードバックは引き続き募集中

  3. 実在した原子力潜水艦クルスクの沈没事故描くADV『KURSK』2018年リリース予定

    実在した原子力潜水艦クルスクの沈没事故描くADV『KURSK』2018年リリース予定

  4. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  5. オープンワールドサバイバル『Rust』の新ロードマップでコンソール版に言及

  6. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  7. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  8. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  9. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

  10. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

アクセスランキングをもっと見る

page top