マリオやピーチ姫の未来の姿…?ちょっと不思議でせつない海外広告アート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マリオやピーチ姫の未来の姿…?ちょっと不思議でせつない海外広告アート

ゲーム文化 カルチャー

中年時代のマリオ。頭が……


ギャングスタ風になってしまったドンキーコング


夜のお仕事にいそしむピーチ姫


これらの作品は、どうやら海外ラジオ番組の宣伝用ポスターのようですが、マリオやピーチ姫の未来の姿(?)が描かれています。今はゲームの世界で現役の彼らも、いつかこんな姿に……なってほしくないですね!(ソース: ADS of the World via Offworld)

【関連記事】
これが彼らの真実の姿だ! 有名キャラクター達による『8-Bit Fatality』
マリオやロックマンのゲーム画面を、絵画風にペイントした幻想的なファンアート
海外ゲームファンの自作カバーアートがかっこよすぎる件
もしもゲーム機が化石として発掘されたら…。神秘的な海外彫刻アート
本日の一枚 『やばいくらいにリアルなガイルのCGアート』
本日の一枚『僕らの公園を守れ! お子様版Left 4 Dead』
本日の一枚 『本場英国仕込みのピーチ姫コスプレ』
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 御年70歳の海外コスプレイヤーが「春麗」コスプレを披露ー人生まだまだ楽しい!

    御年70歳の海外コスプレイヤーが「春麗」コスプレを披露ー人生まだまだ楽しい!

  2. 「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

    「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

  3. 『ストリートファイターV アーケードエディション』プロゲーマーも参加した店頭体験会レポート!

    『ストリートファイターV アーケードエディション』プロゲーマーも参加した店頭体験会レポート!

  4. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  5. サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

  6. 『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

  7. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  8. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  9. 『Getting Over It』あの釜男のインパクト大なコスプレが披露ー開発者も思わず感嘆

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top