舞台はさらに未来へ『Crackdown 2』開発のRuffian Gamesへのインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

舞台はさらに未来へ『Crackdown 2』開発のRuffian Gamesへのインタビュー

前作の、Crackdown(ライオットアクト)の主要開発メンバーが設立した新スタジオ、Ruffian Gamesにより開発が進んでいるCrackdown 2。まだ僅かな情報しか公開されいなかった今作ですが、海外サイトのEDGEのインタビューで幾つか詳細が明らかとなりました。

家庭用ゲーム Xbox360

前作の、Crackdown(ライオットアクト)の主要開発メンバーが設立した新スタジオ、Ruffian Gamesにより開発が進んでいるCrackdown 2。まだ僅かな情報しか公開されいなかった今作ですが、海外サイトのEDGEのインタビューで幾つか詳細が明らかとなりました。

舞台は前作と同じパシフィックシティとなりますが、時代は遠い未来に設定され、全くの新しいマップのように見えるようです。また、クリエイティブディレクターのBill Thompson氏は「多くの変更をしたこの世界に入る時、前作のゲームを楽しんだプレイヤーは本当に喜んでくれると思います。また、ゲームプレイが大きく変わる事を確実としています。」と答えています。

前作ではミッションのバリエーション数がプレイヤーから不満となっていた事については「沢山のコミュニティやレビューから意見を聞き、最初のゲームに一体何が不足していたのか理解しています。」と、答えています。

主要な開発メンバーが設立した新スタジオとはいえ、ゲームは別物になってしまうのでは?との質問では、前作の開発を担当した大部分の優秀なアーティストや、デザインチーム、あらゆる分野のコアメンバーが新スタジオに在籍しているとの事で、その心配は無さそうです。

国内でも発売が決まった本作、Xbox 360を対象に2010年の発売が予想されます。(ソース: Edge Online)

【関連記事】
E3 09: 最大4人Co-opに対応!『ライオットアクト 2』マルチプレイ人数が明らかに
E3 09: ライオットアクトの続編!! 『Crackdown 2』正式発表、トレーラー公開
『Grand Theft Auto IV』トレーラーをライオットアクトで再現
『Crackdown』の主要開発メンバーが新スタジオを設立。『Crackdown 2』を開発中?
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS5に対応するPS4周辺機器の互換性が明らかに、他社製公式ライセンス品も一部利用可能

    PS5に対応するPS4周辺機器の互換性が明らかに、他社製公式ライセンス品も一部利用可能

  2. SIE公式配信「State of Play」が8月7日午前5時より放送、初公開のプレイ映像や『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』新情報も

    SIE公式配信「State of Play」が8月7日午前5時より放送、初公開のプレイ映像や『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』新情報も

  3. 一騎当千アクション『真・三國無双』2020年8月3日で誕生20周年! 記念動画とイラストを公開

    一騎当千アクション『真・三國無双』2020年8月3日で誕生20周年! 記念動画とイラストを公開

  4. 「ヨドバシ・ドット・コム」がスイッチ本体の抽選販売を開始―当選した場合は8月5日以降に順次お届け

  5. “Xbox Game Pass”ブランドロゴから「Xbox」の文言が削除―サービスをXboxと差別化する狙いか

  6. 1億人以上が冥人の恐怖に崩れ落ちた!『Ghost of Tsushima』10日間のプレイデータが公開

  7. 改善作業中の『Anthem』ルートシステムや装備品の目指す姿について情報を公開

  8. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  9. PS5版へのアップグレードは中古ディスクでも可能ー気になる後方互換についてもSIEに確認

  10. PlayStation 5用ソフトのパッケージアートが初公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top