Bungie社長: 『Halo: Reach』はProject Natalに対応するのは間違いない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie社長: 『Halo: Reach』はProject Natalに対応するのは間違いない

E3 2009で発表されたものの、そのゲーム内容はほとんど明らかになっていない、 Halo: Reach 。海外メディアの取材を受けたBungieの社長は、「ReachがProject Natalに対応するのは間違いと思う」と発言しています。

家庭用ゲーム Xbox360
E3 2009で発表されたものの、そのゲーム内容はほとんど明らかになっていない、Halo: Reach。Seattle Timesの取材を受けたBungieのHarold Ryan社長は、「ReachがProject Natalに対応するのは間違いと思う」と発言しています。

ジャンルはFPSで、Halo第1作目の過去のストーリーが描かれるというHalo: Reach。発売は2010年秋になると言われており、Project Natal対応で同時期に発売される可能性もゼロではありません。一体どのようなゲームプレイが体験できるのか興味深いですね。(ソース: Seattle Times via Destructoid)


【関連記事】
E3 09: 過去の時代設定に?『Halo: Reach』は2010年秋に発売
E3 09: ヘイローシリーズはまだ続く!『Halo: Reach』が発表!『Halo3 ODST』の発売日も明らかに
真偽の程は不明。『Halo 3: ODST』の実績リストがYouTubeにリーク
拡張パックから本格的なものへ『Halo 3: ODST』値段はフルプライスに
E3 09: 4人協力でコブナントと対決!『Halo 3: ODST』Firefightモードプレビュー
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

    『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

  2. 『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

    『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

  3. 『ニンテンドーラボ』をレゴで設計!?海外レゴデザイナーが驚きの映像を公開

    『ニンテンドーラボ』をレゴで設計!?海外レゴデザイナーが驚きの映像を公開

  4. 『CoD:BO4』ベータ終了直前に「Blackout」モードの最大同時参加プレイヤー数が100名へ増加

  5. もう一つの地球防衛軍『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』国内向け最新トレイラーが公開!

  6. 『アサシン クリード オデッセイ』“アレクサ”とアレクシオスが奇跡の融合を果たしたパロディ映像―海外ではゲームでも連携可能

  7. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  8. 激ムズACT続編『LA-MULANA 2』家庭用ゲーム機版発表!PS4/XB1/スイッチにて2019年春発売予定

  9. 非対称対戦サバイバルホラー『Dead by Daylight』PS4パッケージ版発売決定!

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』キャラ/ロケーション新情報―厳しい自然に、前作のあのキャラたちも登場【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top