『Damnation』海外レビューで酷評、販売不振 → 開発スタッフが全員解雇に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Damnation』海外レビューで酷評、販売不振 → 開発スタッフが全員解雇に

PC Windows



2009年5月にCodemastersから発売されていたサードパーソンアクションゲームDamnation。Metascoreが30点台という、稀に見る酷評を受けているタイトルですが、海外サイトの調べから開発スタッフが全員解雇されていることが分かりました。

Damnationを開発していたのは、アメリカのスタジオBlue Omega Entertainment。開発者の一人がTwitterに書き込んだ内容によれば、今月19日からレイオフが始まり、既に全スタッフが解雇されているとのこと。パブリッシャーのCodemastersや子会社との法的トラブル、そしてゲームの売れ行き不振が要因だと言われているようですが、事実関係は明らかになっていません。

Twitterに投稿したBlue OmegaのプログラマーGeoff Rowland氏は、もし彼らに何か新しい仕事があればコンタクトしてほしいと伝えています。

最近ではBionic CommandoのGRINなど、ゲームのセールス不振が原因と見られる開発スタジオのレイオフが相次いでいますが、今回のようにチーム全員が解雇されるというのは、珍しいケースではないでしょうか。

開発者コメンタリー映像

開発者コメンタリー映像その2


(ソース: IGN: Entire Damnation Dev Team Gets The Axe)



【関連記事】
強大な力を持つ悪役軍団、PSIを紹介する『Damnation』最新トレイラー
Codemastersのスチームパンクシューター『Damnation』欧州で5月リリース。トレイラーも公開
『Bionic Commando』の開発スタジオGRINで100名以上の大量解雇?
『DNF』訴訟問題、2K Gamesが『Duke Begins』を開発していたことが明らかに
EA、『Need for Speed』の開発元など9つのスタジオを閉鎖、1000人規模の解雇に
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

    『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  2. Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

    Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

  3. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

    1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

  4. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  7. 一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

  8. 近接攻撃が本格的に?『PUBG』にキルムーブが実装か

  9. オープンワールドサバイバル『Rust』最新トレイラー!―早期アクセスで凄まじい進化

  10. 『マイクラ』風ARPG『Portal Knights』Steam版正式配信!―小島監督も注目

アクセスランキングをもっと見る

page top