『Damnation』海外レビューで酷評、販売不振 → 開発スタッフが全員解雇に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Damnation』海外レビューで酷評、販売不振 → 開発スタッフが全員解雇に

PC Windows



2009年5月にCodemastersから発売されていたサードパーソンアクションゲームDamnation。Metascoreが30点台という、稀に見る酷評を受けているタイトルですが、海外サイトの調べから開発スタッフが全員解雇されていることが分かりました。

Damnationを開発していたのは、アメリカのスタジオBlue Omega Entertainment。開発者の一人がTwitterに書き込んだ内容によれば、今月19日からレイオフが始まり、既に全スタッフが解雇されているとのこと。パブリッシャーのCodemastersや子会社との法的トラブル、そしてゲームの売れ行き不振が要因だと言われているようですが、事実関係は明らかになっていません。

Twitterに投稿したBlue OmegaのプログラマーGeoff Rowland氏は、もし彼らに何か新しい仕事があればコンタクトしてほしいと伝えています。

最近ではBionic CommandoのGRINなど、ゲームのセールス不振が原因と見られる開発スタジオのレイオフが相次いでいますが、今回のようにチーム全員が解雇されるというのは、珍しいケースではないでしょうか。

開発者コメンタリー映像

開発者コメンタリー映像その2


(ソース: IGN: Entire Damnation Dev Team Gets The Axe)



【関連記事】
強大な力を持つ悪役軍団、PSIを紹介する『Damnation』最新トレイラー
Codemastersのスチームパンクシューター『Damnation』欧州で5月リリース。トレイラーも公開
『Bionic Commando』の開発スタジオGRINで100名以上の大量解雇?
『DNF』訴訟問題、2K Gamesが『Duke Begins』を開発していたことが明らかに
EA、『Need for Speed』の開発元など9つのスタジオを閉鎖、1000人規模の解雇に
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. ロボットACT『ASSAULT GUNNERS HD EDITION』Steam配信決定!PS Vita作品をリマスター

    ロボットACT『ASSAULT GUNNERS HD EDITION』Steam配信決定!PS Vita作品をリマスター

  2. 『PUBG』PC版、新衣装追加のメンテナンスが実施に

    『PUBG』PC版、新衣装追加のメンテナンスが実施に

  3. Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

    Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

  4. PC版『PUBG』に70~80年代テーマの新衣装がまもなく登場! オシャレでもドン勝

  5. 『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

  6. Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

  7. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  8. PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

  9. VRゲーム『Sacred Four』がリリース―鎖に繋がれた神剣で巨大な敵を打ち倒せ

  10. 『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』販売店別特典が決定―先行販売されていたグッズも予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top