スチームパンク風ミッキープロジェクト『Epic Mickey』のコンセプトアートがリーク。その真相は・・・? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スチームパンク風ミッキープロジェクト『Epic Mickey』のコンセプトアートがリーク。その真相は・・・?

ニュース 最新ニュース


SystemShockやDeus Exシリーズを手掛けたウォーレン・スペクター氏。去る事2008年、そのスペクター氏が設立したJunction Point Studiosでは、ディズニーのミッキーマウスを題材としたゲームに取り組んでいると伝えられていました。しかしその後も情報や音沙汰もなかったものの、あるアーティストのページから、そのコンセプトアートらしきものが見つけられたようです。

海外サイトのGamasutraでは昨年"Epic Mickey"と名付けられたコードネームのコンセプトアートを目にし、その初期バージョンのコンセプトアートには鉛筆画のものや、七人の小人の顔が付いたマシン等が描かれていたと伝えられていました。

そして今月、コンセプトアーティストのFred Gambino氏のウェブサイト上に、Epic Mickeyとされるカテゴリーが表示され、そこには鉛筆画などの幾つかの画像が公開されています。











また、他のアーティストの Gary Clover氏が描いたとされる画像も見つかっており、こちらはGamasutraで記述のあったものと同じと思われる"七人の小人の顔が付いたマシン"が描かれています。



しかしこのコンセプトアートのリーク、宣伝効果を期待した意図的なものとは考えにくい理由が幾つかあるようです。

2008年の夏にスペクター氏のブログには「チームと私は、ディズニーFeature AnimationやPixarの人達と協力し一生懸命に取り組んでいます」と書き込まれるも、その後ゲームのイベントで「100時間のゲームは消えかかっている、ゲームを作るのに疲れたよ」と発言しています。

同年にEGM MagazineのコラムニストQuartermann氏からは「スペクターの新しいディズニープロジェクトは、あのやっかいな配管工と競争するプラットフォーマーとなるだろう」と、対応ハードを思わせるような意味深なコメントも残していたようです。

宣伝の為なのか、はたまたプロジェクトの消滅が決定した為に、コンセプトアートを公開したのか、などという動機は未だ明らかとなっていません。しかしその画像からはとても魅力的なものが感じ取られるだけに、現在もプロジェクトが進められている事を願いたいですね。(ソース&イメージ: Kotaku via Gamasutra)

【関連記事】
近年の長大なゲームに関するウォーレン・スペクター氏の発言にKotakuが苦言
本日の一枚 『あのミッキーとフュージョンしてしまったマリオのフィギュア!』
Disney Interactive Studiosが『Tron』の新作ゲームを準備中?
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

    PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  2. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!―誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!―誰でも無料で利用可能

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. 冒険家の人生描くオープンワールドRPG『Outward』がDeep Silverより発売決定!

  5. 噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

  6. コメディスパイアクション『The Spy Who Shrunk Me』発表! 武器は縮小光線やバナナの皮

  7. プレイヤーの行動で流れが変わる新作サバイバルホラー『Lunacy: Saint Rhodes』発表

  8. THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得

  9. 『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top