元SCEE会長『Modern Warfare 2』の値上げについて「大作ゲームなら妥当」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元SCEE会長『Modern Warfare 2』の値上げについて「大作ゲームなら妥当」

今月、UKでModern Warfare 2の小売価格が通常よりも10ポンド高い55ポンドと発表され、一部のユーザーから反発を受けていたそうですが、元SCEEの会長として知られるChris Deering氏は、こうした価格設定に賛同する意見を述べています。

ニュース 最新ニュース
今月、UKでModern Warfare 2の希望小売価格が通常よりも10ポンド高い55ポンド(約8500円)と発表され、ボイコットの動きが起こるなど一部のユーザーから反発を受けていたそうですが、元Sony Europeの会長として知られるChris Deering氏は、こうした価格設定に賛同する意見を述べています。

“10年前のように業界への強い貢献度を考慮してこのようなゲームの価格を決めるなら、70ポンド(約11000円)で販売するべきです。しかしユーザーはそんなにお金を持っていません。心理的な見えない壁があるんです。

ユーザーは多くのお金を払いたくないでしょうが、メーカーはゲームを作るためにかつてないほど多くの予算をつぎ込んでいる。それが重要課題です。”

PS2時代よりもゲーム開発コストは10倍以上になったとも話すDeering氏ですが、いくら次世代機用の人気作とはいえ1万円を超える小売価格が妥当という意見には、さらにユーザーからの反感を買う結果になってしまったようです。(ソース&イメージ: MCV: 'Blockbuster-led trade needs pricing revolution')


【関連記事】
連続キルでAC130をアンロック!『Modern Warfare 2』初公開マルチプレイヤー映像
『Modern Warfare 2』の超豪華限定版、"Prestige Edition"の価格が判明!
認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活
Epic GamesのMark Rein副社長、PS3を値下げしないソニーに理解示す
独占タイトルが有利?アナリストが『Prototype』と『inFamous』の売上データを分析
価格は5万ドル!海外ゲームサイトが独自に考案する『Modern Warfare 2』の凄まじい限定版
「PSP Goはぼったくり」発言のアナリストが謝罪 → 「だが高すぎる」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  2. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  3. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  4. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  5. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  6. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  7. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  8. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  9. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  10. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

アクセスランキングをもっと見る

1
page top