元SCEE会長『Modern Warfare 2』の値上げについて「大作ゲームなら妥当」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元SCEE会長『Modern Warfare 2』の値上げについて「大作ゲームなら妥当」

ニュース 最新ニュース

今月、UKでModern Warfare 2の希望小売価格が通常よりも10ポンド高い55ポンド(約8500円)と発表され、ボイコットの動きが起こるなど一部のユーザーから反発を受けていたそうですが、元Sony Europeの会長として知られるChris Deering氏は、こうした価格設定に賛同する意見を述べています。

“10年前のように業界への強い貢献度を考慮してこのようなゲームの価格を決めるなら、70ポンド(約11000円)で販売するべきです。しかしユーザーはそんなにお金を持っていません。心理的な見えない壁があるんです。

ユーザーは多くのお金を払いたくないでしょうが、メーカーはゲームを作るためにかつてないほど多くの予算をつぎ込んでいる。それが重要課題です。”

PS2時代よりもゲーム開発コストは10倍以上になったとも話すDeering氏ですが、いくら次世代機用の人気作とはいえ1万円を超える小売価格が妥当という意見には、さらにユーザーからの反感を買う結果になってしまったようです。(ソース&イメージ: MCV: 'Blockbuster-led trade needs pricing revolution')


【関連記事】
連続キルでAC130をアンロック!『Modern Warfare 2』初公開マルチプレイヤー映像
『Modern Warfare 2』の超豪華限定版、"Prestige Edition"の価格が判明!
認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活
Epic GamesのMark Rein副社長、PS3を値下げしないソニーに理解示す
独占タイトルが有利?アナリストが『Prototype』と『inFamous』の売上データを分析
価格は5万ドル!海外ゲームサイトが独自に考案する『Modern Warfare 2』の凄まじい限定版
「PSP Goはぼったくり」発言のアナリストが謝罪 → 「だが高すぎる」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

    PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  2. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  3. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

    『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  4. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  5. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  6. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  7. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  10. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top