新たな価格で年末に挑むXbox 360、マイクロソフトの戦略とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新たな価格で年末に挑むXbox 360、マイクロソフトの戦略とは

マイクロソフトがXbox 360 エリートを値下げしたことは既報の通り。ただ欧州では事情が少し異なり、エリートが199ポンドと値下がりした一方で、アーケードが159ポンドに値上げ。GamesIndustry.bizがマイクロソフトのChris Lewis氏にインタビューを行っており、この特

家庭用ゲーム Xbox360


マイクロソフトがXbox 360 エリートを値下げしたことは既報の通り。120GBのHDD同梱のエリートが299ドル、通常版が終了、アーケードは現状維持の199ドルとなったわけですが、欧州では事情が少し異なります。エリートが249ユーロ/199ポンドと値下がりした一方で、アーケードが159ポンドに値上げ。今回のXbox 360本体ラインアップの新価格について、GamesIndustry.bizが欧州マイクロソフトのVPであるChris Lewis氏にインタビューを行っており、この特殊な価格設定についても言及があります。ここでは要点のみお伝えします。

■アーケードとエリートの2つに絞った理由
本体ラインアップを消費者に向けて明確にする時機が来た。アーケードをエントリーモデルとしたまま、値下げしたエリートは競争力のある価格になったと確信している。

■なぜエリートからHDMIケーブルを外したのか
高品質なゲーム体験を望む消費者に向け、エリートの価格を受け入れやすい価格に設定したかった。HDMIケーブルを外すことで、ケーブルの選択に柔軟性を与えることもできたと考えている。

■アーケードの価格が上がったが
ローカルな市場の状況に応じて製品価格を再設定する必要があった。通貨為替変動リスクを相殺する必要があり、それが特に英国で顕著だった。しかしまだ市場におけるもっとも手頃感のあるゲーム機だと確信している。

■アーケードになにか付加価値を設ける予定は
アーケードはエントリーモデルとしてXbox 360の体験をストレートに提供する。過去の経験から、エントリーモデルの重要性を学んだが、価格だけが消費者の満足を満たすものではなく、コンテンツ、サービスの充実が必要だ。

■では、アーケードの価格を低く設定したことで、チープで劣っている印象を与えたと
昨年のアーケードの値下げについては、多くのリサーチを行ない、ビジネスを加速させるため適切な値下げだったと考えている。今回の値下げも時機を見たもので、クリスマスは素晴らしい結果になると確信している。

■アーケードの価格が上がり、HDD付きのエリートが安くなったことは、新たにXbox 360を購入しようとする消費者にとっては障害となるのでは
そうは考えない。逆に高級なXbox 360であるエリートに手が届きやすくなったと考えている。リサーチではこれは明らかで、249ユーロ/199ポンドという“マジックプライス”になったことは非常に重要なこと。ラインアップの合理化によって、より高級な体験が身近になった。

■クリスマスまでに、HDDや色の異なる他のSKUがありえるか
いくつかのバンドルを予定している。今は具体的な発表はできないが、クリスマスにはインパクトのある内容を提供できるだろう。

■今回の値下げは、先週ソニーが行った値下げ発表のリアクションか
我々は自身のリズムに沿って動いている。発表のタイミングは非常にシビアで、計画には長い時間を必要としたことは確かだ。いずれにせよ、適切な発表だったと考えている。直近のライバルに対し、未だ50ユーロ以上の価格差もある。今回の値下げも、昨年の値下げ、NXEなどに連なる、Xbox 360の寿命を延ばす計画の一環だ。

■今回の値下げで、どれほど売り上げが増加すると見込んでいるか。目標数字はあるか
その数字をここでは特定しないが、かなり強気の数字を設定している。リードを保ち、拡大し続けるということは、年予算を組んだものにとっては主要な目標だ。
(ソース: Gamesindustry.biz, MCVUK)

【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』ジブラルタルがアークスターを無効化出来る小技発見?Respawnは調査中

    『Apex Legends』ジブラルタルがアークスターを無効化出来る小技発見?Respawnは調査中

  2. 音ゲー×横スクACTな『Muse Dash』Steam/国内スイッチ版発売決定!6月中旬リリース

    音ゲー×横スクACTな『Muse Dash』Steam/国内スイッチ版発売決定!6月中旬リリース

  3. 国内PS4版『H1Z1: Battle Royale』基本無料で配信開始!激しいバトルロイヤルを生き残れ

    国内PS4版『H1Z1: Battle Royale』基本無料で配信開始!激しいバトルロイヤルを生き残れ

  4. 懐かし海外コミックFPS『XIII』がリメイク!海外PS4/XB1/スイッチ/PC/Macで11月発売

  5. 『Fallout 76』サバイバルモードの新チャレンジ報酬公開―パッチ9の変更点も一部判明

  6. 『フォートナイト』ルート・レイクに謎の「巨大シェルター」が登場、一体中には何が…?

  7. 『アーケードクラシックス アニバーサリーコレクション』発売!『悪魔城ドラキュラ』『グラディウス』など8作品を収録【UPDATE】

  8. 『ペルソナ5』新展開『P5S』公式サイトオープン! 次こそスイッチ版になるのか?

  9. ゾンビCo-opサバイバル『State of Decay 2』プレイヤー数が500万人を突破!

  10. 『Dead by Daylight』4月17日更新の聖堂にレアパーク「バベチリ」登場―思わずあのキラーも反応【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top