PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは?

携帯ゲーム PSP


これまでのPSPとは違いバッテリーの交換が不可能となったPSP Goですが、SonyのJohn Koller氏がその理由を明らかにしています。

以前にも取り上げたようにPSPは多くの著作権侵害に悩まされているゲームシステムです。中でも特殊なバッテリーを用いてファームウェアを書き換える“パンドラバッテリー”が人気となっており、著作権侵害行為を助長していました。

Koller氏の話によればパンドラバッテリーの動作を防ぐ事自体はPSP-3000のファームウェアでも成功しているとの事ですが、そのプロテクトを更に強固なものにするためPSP Goではバッテリーの交換が不可能となっているのだそうです。つまりソフトウェアとハードウェアによるダブルブロックですね。

ただバッテリーの交換が不可能というのは著作権侵害対策に大きな効果がある一方、消耗して弱ったバッテリーをユーザーが交換できないという問題があります。

バッテリー交換をする度、Sonyに本体を送るのは金銭的にも時間的にも厳しいのでは……。他にも「充電が切れたら予備バッテリーに交換」という事が出来ないのも、電源が確保できない場所では辛いですね。
(ソース: PlayStation Insider)


【関連記事】
PSP Goのバッテリー持続時間は現行機と同じ。およそ3〜6時間に
E3 09: PSP go「パール・ホワイト」本体のオフィシャルショットが公開
E3 09: カラーバリエーションは2色!PSP goのスペックや詳細が発表
E3 09: ソニー、噂の新型機『PSP Go』を正式発表。国内で11月1日発売、価格は26800円
PSPが好調なセールスに並行して、深刻な著作権侵害にさらされている。

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. シリーズ最新作『カルドセプト リボルト』3DSで2016年発売!開発は大宮ソフト、音楽は伊藤賢治

    シリーズ最新作『カルドセプト リボルト』3DSで2016年発売!開発は大宮ソフト、音楽は伊藤賢治

  2. シリーズ初期三部作を楽しめる『Ratchet & Clank HD Trilogy』がPS Vita向けに海外で7月に発売決定

    シリーズ初期三部作を楽しめる『Ratchet & Clank HD Trilogy』がPS Vita向けに海外で7月に発売決定

  3. 『ムジュラの仮面』の不気味なライトが欧州クラブニンテンドーで引き換え可能に

    『ムジュラの仮面』の不気味なライトが欧州クラブニンテンドーで引き換え可能に

  4. 『ロマンシング サ・ガ3』リマスター化! PS Vitaとスマホに登場

  5. 日活が放つ3DSホラー『クリーピング・テラー』がリリース!不気味な屋敷から脱出せよ

  6. 3DS『CREEPING TERROR』体験版の配信開始! 女子高生に忍び寄る恐怖と対面せよ

  7. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  8. 欧州未発売のNew 3DSが限定発売決定 ― 直球デザインのきせかえプレートも

  9. 「PS Vita TV 専用モニタ一体型コントローラ」9月17日発売決定!7インチで最大5時間の連続プレイが可能

  10. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top