PS3『Heavy Rain』はシェンムーではない、“次世代QTE”を採用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3『Heavy Rain』はシェンムーではない、“次世代QTE”を採用

家庭用ゲーム PS3


日本での発売も決定したPS3専用タイトルのHeavy Rain(ヘビーレイン)。ユニークな操作方法を採用している本作ですが、そのひとつにQTE(Quick Time Event)があります。一定時間内に指定されたボタンを押してプレイヤーを動かす操作方法で、カットシーンにおけるプレイヤーの介入方法のひとつとして定着。ドリームキャストで発売された『シェンムー』などが代表的です。

Heavy Rainの開発を手がけるQuantic Dreamsは、一部にあるQTE批判について、以下のようにコメントしています。

Heavy RainのQTEはシェンムーとは全くの別物(シェンムーが偉大なゲームなのは確かだが)です。QTEで失敗することもあるでしょうが、それでキャラクターが死ぬということを必ずしも意味しません。ストーリーはそれに構わず進展します。私はこれを“次世代のQTEシステム”と考えているのです。それはパワフルなシステムであり、他のゲームができないような様々なアクションを可能にするでしょう。

Heavy Rainは完全にリアルタイム3Dで、プレイヤーは探索、会話などのために常にキャラクターを操作できます。QTEはゲーム中、比較的小さなパートです。映像中のすべての動きはプレイヤーが実際に操作するものであり、Heavy Rainは、最高にインタラクティブなゲームなのです。


映像中に△ボタンのアイコン表示、オブジェクトと一緒に落ちてくる


歩行に合わせて×→○→△と表示、足音を回避する


Heavy Rainでは、アニメーション中に様々な方法でアイコンが表示されます。一般的なQTEのように瞬発力を要求されるものは比較的少ない様子。アイコン表示のひとつひとつが、アドベンチャーゲームにおける選択肢の役割ともいえます。4人のキャラクターを操作できる本作では、ひとりが死んでも他の3人のキャラクターで物語を進行させることが可能であるため、選択肢は膨大なものになりそう。プレイヤーは試行錯誤を可能にする多数のセーブスロットを駆使しながら、物語を終幕に導いて行くことになります。

Heavy Rainは、PS3専用タイトルとして2010年に発売予定です。(ソース: CVG, 1UP)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

    『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  2. 『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

    『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

  3. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

    プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  4. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  5. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  6. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  7. 『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

  8. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  9. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  10. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

アクセスランキングをもっと見る

page top