今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に?

10月1日に発売となるPSP版 グランツーリスモ ですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)になることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得

携帯ゲーム PSP
10月1日に発売となるPSP版グランツーリスモですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)となることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得となっています。

また9月22日に北米で発売予定となっているShin Megami Tensei: PersonaもUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)に設定されていることから、今後北米で発売されるPSPタイトルは全て、UMD版とダウンロード版が同価格に設定されるのではないか?との予想もされています。

パッケージと説明書が付属するUMD版と付属しないダウンロード版が同価格と言うのはちょっと納得できないですね。ユーザーとしてはダウンロード版を多少安くしてほしいと思うはず。特にPersonaに関してはUMD版に2枚サウンドトラックCDが付属すると言う事で、より多くの不平不満が噴出するかもしれません。

果たしてこの価格設定は他のPSPタイトルにも適用されるのでしょうか。今後の動向には要注目です。
(ソース: Siliconera)


【関連記事】
ダウンロード系ゲームを手掛けるGameloftが、PSP Go向けラインナップを発表
新ダウンロードサービスPSP Minisのローンチタイトル第1弾『Vempire』が発表
カプコン、数ヶ月以内にPSN上でダウンロード専用PSPソフトを20〜40タイトル配信
E3 09: 収録車数は数百台!『Gran Turismo PSP』発表

- トップに戻る -

《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【拡散希望】PS StoreでPSPゲームを購入するサービスは7月2日に終了しません―その理由をわかりやすく図解【UPDATE】

    【拡散希望】PS StoreでPSPゲームを購入するサービスは7月2日に終了しません―その理由をわかりやすく図解【UPDATE】

  2. 姉妹博士「レア博士」と「ラケル博士」がフライアを統括 ─ 『GOD EATER 2』キャラクターエピソードの詳細も

    姉妹博士「レア博士」と「ラケル博士」がフライアを統括 ─ 『GOD EATER 2』キャラクターエピソードの詳細も

  3. SCEA担当者がPSN障害の近況報告、新たな情報はなし

    SCEA担当者がPSN障害の近況報告、新たな情報はなし

  4. 海外レビューハイスコア 『God of War: Ghost of Sparta』

  5. 「ポロリ」も可能なアイギス、ただし首が ─ 『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』ロボとクマのキャラ動画が公開に

  6. 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』パックが日本でも発売決定 ― ゴールドにトライフォースがまぶしい限定版3DS LLが同梱

  7. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  8. 仏教系STG『摩尼遊戯TOKOYO』クラウドファンディングが開始―理由は「徳が尽き、開発が止まった」ため

  9. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  10. 【E3 2014】PS Vita向け『La-Mulana』最新映像が公開、新ギミックも追加予定

アクセスランキングをもっと見る

page top