今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に?

携帯ゲーム PSP

10月1日に発売となるPSP版グランツーリスモですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)となることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得となっています。

また9月22日に北米で発売予定となっているShin Megami Tensei: PersonaもUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)に設定されていることから、今後北米で発売されるPSPタイトルは全て、UMD版とダウンロード版が同価格に設定されるのではないか?との予想もされています。

パッケージと説明書が付属するUMD版と付属しないダウンロード版が同価格と言うのはちょっと納得できないですね。ユーザーとしてはダウンロード版を多少安くしてほしいと思うはず。特にPersonaに関してはUMD版に2枚サウンドトラックCDが付属すると言う事で、より多くの不平不満が噴出するかもしれません。

果たしてこの価格設定は他のPSPタイトルにも適用されるのでしょうか。今後の動向には要注目です。
(ソース: Siliconera)


【関連記事】
ダウンロード系ゲームを手掛けるGameloftが、PSP Go向けラインナップを発表
新ダウンロードサービスPSP Minisのローンチタイトル第1弾『Vempire』が発表
カプコン、数ヶ月以内にPSN上でダウンロード専用PSPソフトを20〜40タイトル配信
E3 09: 収録車数は数百台!『Gran Turismo PSP』発表

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 本当に存在した… 『Halo DS』 幻のゲームプレイ動画

    本当に存在した… 『Halo DS』 幻のゲームプレイ動画

  2. 『CoD: Modern Warfare 3』のニンテンドーDS版が確認

    『CoD: Modern Warfare 3』のニンテンドーDS版が確認

  3. 口から手が……。『Dementium II』の不気味なボックスアートが公開

    口から手が……。『Dementium II』の不気味なボックスアートが公開

  4. 『Aliens vs. Predator』でも使用された“Asura Engine”がNGPに完全対応

  5. 中東のドバイでなぜか今、人気を呼ぶあの幻の次世代ゲーム機

  6. PSPで発売された『ヴァルキリープロファイル -レナス-』12周年に謎のティーザー降臨、新展開か

  7. 3DS『ペルソナQ2』総勢28名のペルソナ使い集結! 『3』『4』『5』そして『P3P』女性主人公も

  8. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  9. PSPからPS Storeへのアクセスが終了に ― 欧州や豪州など一部地域で

  10. CPUも今度は本気!PSPのフルパワー333MHzモードを利用したソフトが解禁に

アクセスランキングをもっと見る

page top