今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に?

10月1日に発売となるPSP版 グランツーリスモ ですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)になることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得

携帯ゲーム PSP
10月1日に発売となるPSP版グランツーリスモですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)となることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得となっています。

また9月22日に北米で発売予定となっているShin Megami Tensei: PersonaもUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)に設定されていることから、今後北米で発売されるPSPタイトルは全て、UMD版とダウンロード版が同価格に設定されるのではないか?との予想もされています。

パッケージと説明書が付属するUMD版と付属しないダウンロード版が同価格と言うのはちょっと納得できないですね。ユーザーとしてはダウンロード版を多少安くしてほしいと思うはず。特にPersonaに関してはUMD版に2枚サウンドトラックCDが付属すると言う事で、より多くの不平不満が噴出するかもしれません。

果たしてこの価格設定は他のPSPタイトルにも適用されるのでしょうか。今後の動向には要注目です。
(ソース: Siliconera)


【関連記事】
ダウンロード系ゲームを手掛けるGameloftが、PSP Go向けラインナップを発表
新ダウンロードサービスPSP Minisのローンチタイトル第1弾『Vempire』が発表
カプコン、数ヶ月以内にPSN上でダウンロード専用PSPソフトを20〜40タイトル配信
E3 09: 収録車数は数百台!『Gran Turismo PSP』発表

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

    【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  2. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

    スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  3. 『ムジュラの仮面』の不気味なライトが欧州クラブニンテンドーで引き換え可能に

    『ムジュラの仮面』の不気味なライトが欧州クラブニンテンドーで引き換え可能に

  4. 世界を巻き込むPS Vita無料ゲーム『Destiny of Spirits』ベータテスト実施決定 ― 参加者募集スタート

  5. 『ムジュラの仮面 3D』の謎動画を米任天堂が公開…「何か忘れていませんか?」

  6. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  7. 発売から7年…「PS Vita」の出荷が完了─携帯型PlayStationの歴史にひと区切り

  8. マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表

  9. 『Tony Hawk's Motion』ニンテンドーDS初のモーションセンサー対応に

アクセスランキングをもっと見る

1
page top