OFLCの審査を通過せず!『Left 4 Dead 2』がオーストラリアで発売禁止の恐れ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

OFLCの審査を通過せず!『Left 4 Dead 2』がオーストラリアで発売禁止の恐れ

北米で11月17日に発売予定の Left 4 Dead 2 ですが、オーストラリアの倫理審査機関であるOFLC(Office of Film and Literature Classification)の審査を通過することが出来ず、発売禁止となってしまう恐れが出てきました。

PC Windows

北米で11月17日に発売予定のLeft 4 Dead 2ですが、オーストラリアの倫理審査機関であるOFLC(Office of Film and Literature Classification)の審査を通過することが出来ず、発売禁止となってしまう恐れが出てきました。

前作Left 4 DeadはOFLCで最も高いレーティング“MA15+(15歳未満販売禁止)”の評価を受けていましたが、今作にはそのMA15+の審査基準を超えるコンテンツが含まれていたのだそうです。具体的にどの部分が基準を超えたのかは不明ですが、EAは現在審査通過に向けて調整中との事。

今回の件でLeft 4 Dead 2が前作以上に過激になっていることが実証されましたね。もちろん審査を通過しなければ意味がありませんが……。Valveの方々には過激な部分になるべく修正が入らないよう努力していただきたいものです。
(ソース: IGN, イメージ: Down to the Last Save)


【関連記事】
Valve『Left 4 Dead 2』ではXbox 360でもMODの配信を計画中
Valve、『Left 4 Dead 2』ボイコット運動のリーダー2人を本社に招待
プレイ動画も多数掲載!『Left 4 Dead 2』最新ハンズオン情報
PAX 09: 『Left 4 Dead 2』の新特殊感染者“Jockey”が遂にお目見え!プレイ動画も多数
『Left 4 Dead 2』のボックスアートは一度修正されていたことが明らかに
日本じゃ確実にアウト? 『Left 4 Dead』のボックスアートが公開
キビシッ〜! 『Left 4 Dead』ドイツ版ボックスアートの一部が修正される
娼婦や麻薬表現が問題に… アクションRPG『Risen』がオーストラリアで発売禁止
『God of War III』のデベロッパー、オーストラリアでの発売禁止を懸念
過激なサバイバルホラーFPS『NecroVisioN』オーストラリアで発売禁止に

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. AMD、新世代CPU「Ryzen 3000XT」シリーズプロセッサー登場!

    AMD、新世代CPU「Ryzen 3000XT」シリーズプロセッサー登場!

  2. 『リーグ・オブ・レジェンド』新チャンピオン「リリア」発表! 固有スキルとUltで敵を眠りに誘う

    『リーグ・オブ・レジェンド』新チャンピオン「リリア」発表! 固有スキルとUltで敵を眠りに誘う

  3. ソビエトライクな国で市長になる―市政ストラテジー『For the People』7月30日Steamでリリース

    ソビエトライクな国で市長になる―市政ストラテジー『For the People』7月30日Steamでリリース

  4. 『Gears 5』Operation4でドムがまさかの復活か?デルタ部隊が再集結するティザートレイラー公開

  5. PC版『Horizon Zero Dawn』Steam価格が各国で改定―多くの地域で大幅値上げに

  6. 「Humble Summer Adventure Games Bundle」開始!Telltale製ADVなどがセットに

  7. シリーズ続編『Hollow Knight:Silksong』の新キャラクター「セス」は亡くなったファンの名前を使用していることが明らかに

  8. 『Biomutant』ディレクターがマイクロトランザクションを否定

  9. 『マフィア コンプリート・エディション』9月25日に発売延期ー7月22日にゲームプレイトレイラー公開決定

  10. 『L4D』開発元の新作Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』1枚のコンセプトアートが披露!

アクセスランキングをもっと見る

page top