SCE Japanスタジオ副社長: 北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCE Japanスタジオ副社長: 北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた

SCE Japanスタジオ副社長の小林康秀氏が、DICE Summit Asiaで日本と海外の違いを意識したゲームのマーケティングについて語ったそうですが、その発言内容が話題になっています。

家庭用ゲーム PS3


SCE Japanスタジオ副社長の小林康秀氏が、DICE Summit Asiaで日本と海外の違いを意識したゲームのマーケティングについて語ったそうですが、その発言内容が話題になっています。

初代プレイステーションの時代から徐々に規模が縮小しつつある日本のゲーム市場を危惧するという小林氏。同スタジオの新作『人喰いの大鷲トリコ』のタイトル名を、海外では『The Last Guardian』に変更したのを例に挙げ、今後は海外市場やユーザーを意識したマーケティングや開発の重要性が増すと主張。

2001年にPS2で発売したICOは、日本版と北米版のカバーアートが全く異なるデザインなのは有名な話ですが、実際にその2つを比較して、もし北米版のパッケージが異なるデザインだったらもっとゲームが売れていたはずだと指摘(北米では約27万本を販売)。ネット上でも日本版のデザインが好評だと説明しました。

また、同氏は日本と海外における“新しいゲーム”の認識の違いについても言及。欧米ではユーザーがとっつきやすいという理由で類似作品が多く作られており、少しでも異なる部分があれば“新しいゲーム”だと認識されるが、日本では新しいジャンルそのものを生み出すのが“新しいゲーム”にあたるとの考えを述べたそうです。(ソース: GamesIndustry.biz: Last Guardian game 'named for US, Europe')


【関連記事】
全然違ウ!海外版カバーアート 『レッドアリーマー 魔界村外伝』
『人喰いの大鷲トリコ』の上田文人氏「GTA IVには革新性が足りない」
E3 09: 噂のTricoが遂に正式発表!Team ICOの最新作は『The Last Guardian』
ゲームの開発資金はユーザーが投資する時代に?ValveのGabe Newell氏の考えとは
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

    ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

  2. 旧作相当の内容込みで基本プレイ無料化!新章『メガトン級ムサシX』PS4/スイッチ2022年秋配信

    旧作相当の内容込みで基本プレイ無料化!新章『メガトン級ムサシX』PS4/スイッチ2022年秋配信

  3. 任天堂、定額制の「Nintendo Switch」修理保証サービス開始!自然故障から破損まで幅広く保証

    任天堂、定額制の「Nintendo Switch」修理保証サービス開始!自然故障から破損まで幅広く保証

  4. 「PS5」の販売情報まとめ【7月1日】─「TSUTAYA」が抽選受付を開始、来週5日まで

  5. 『ソニックフロンティア』最新映像で景色が一変!従来のソニックゲーらしい「スピードラン」を披露【Nintendo Direct mini 2022.6.28】

  6. 今度は海だ楽しい合宿!『ハッピーダンガンロンパS』PS4/PC/スマホ版登場

  7. サバイバルホラー『Tormented Souls』日本語完全ローカライズのスイッチ版7月28日発売

  8. 『エースコンバット7』スペシャルステージレポ―脚本の片渕監督ら豪華ゲストが登壇【TGS2018】

  9. PS向けにも大復活!巨大ロボシム『MechWarrior 5』PS4/PS5版が海外で9月23日発売決定

  10. コアゲーマー御用達、未開惑星サバイバルSLG『RimWorld』コンソール版発表!夏のアイスのように時間が溶けていく…【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top