サーバー容量は1.3ペタバイト!『World of Warcraft』の運営を支える驚きの数字 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サーバー容量は1.3ペタバイト!『World of Warcraft』の運営を支える驚きの数字

PC Windows

今週開催されているAustin GDC 2009で、Blizzardの幹部Frank Pearce氏とJ. Allen Brack氏は、“The Universe of World of Warcraft”と題したキーノートを行い、World of Warcraftのゲーム内コンテンツや運営に関わる様々なデータを公表。世界最大規模のMMORPGを支える驚きの数字が次々と明らかになっています。

* 70,000種類の魔法
* 40,000種類のNPC
* 7,650種類のクエスト
* 4,449,680,399のAchievementが解除
* 発生したバグは180,000種類
* 27時間相当の音楽
* 10カ国語に対応
* 2,000,000語のテキスト
* 20,000台のコンピューターシステム
* 1.3ペタバイトのストレージ容量
* 13,250のブレードサーバー
* 75,000CPUコア
* 68人のサーバー管理スタッフ
* 2,056人のGM
* 340人の課金担当者
* 開発チームも含めるとスタッフは総勢4,600

登録ユーザーが1100万人を超える作品だけに、公開されたデータは気の遠くなるような数字ばかり。World of Warcraftは2004年にサービスが開始され、5年間に及ぶ運営を通してBlizzardが巨大な企業に成長したことが伺えます。2010年には第3弾の拡張パックとなるCataclysmが登場しますが、今後もその規模がさらに拡大していくのでしょうか。(ソース: Gamasutra: GDC Austin: An Inside Look At The Universe Of Warcraft)


【関連記事】
Blizzard、『World of Warcraft』の最新拡張パック“Cataclysm”を発表
Xbox LIVEやSteamを超える?新装Battle.netの詳細がBlizzConで明らかに
Activision CEO「あと5年でゲーム業界は映画やテレビ業界を上回る」
Activision Blizzard社長Robert Kotick氏の年収は14億円以上
MMO業界のボス Blizzardが語る「MMORPGのコンソール展開における4つのハードル」
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Friday the 13th: The Game』発売日決定―殺人鬼、再び

    『Friday the 13th: The Game』発売日決定―殺人鬼、再び

  2. Valveシューター強化版『Alien Swarm: Reactive Drop』無料配信!

    Valveシューター強化版『Alien Swarm: Reactive Drop』無料配信!

  3. GOGとSteamで『セインツロウ 2』が今だけ無料配布!―シリーズ作品のセールも実施中

    GOGとSteamで『セインツロウ 2』が今だけ無料配布!―シリーズ作品のセールも実施中

  4. 実在の監獄島を舞台にしたサバイバル『SCUM』最新ゲーム映像

  5. 『Heroes of the Storm』20人のヒーロー無料解除!アップデート2.0後にログインで

  6. 『STAR WARS バトルフロント II』カスタマイズ要素など新情報続々

  7. 『シャドウ・オブ・ウォー』キルを連鎖させる驚愕スキル!海外メディア映像

  8. ダクソ風SFアクションRPG『The Surge』死が高速で迫る新トレイラー

  9. PC版『Terraria』最新アップデート「1.3.5」配信!―4K対応やズーム設定など追加

  10. PC版『BLAZBLUE CENTRALFICTION』4月下旬配信―日本語フル対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top