ファイナルファンタジーのスピンオフ作品『Fortress(仮)』はまだ死んでいない? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ファイナルファンタジーのスピンオフ作品『Fortress(仮)』はまだ死んでいない?

スウェーデンのデベロッパーGRINが開発していたとされるコードネーム“Fortress”。GRINの閉鎖の後明らかになった、ファイナルファンタジーのスピンオフ作品ともいわれる作品で、GRINの消滅ともにこの作品も消えてしまった……と見られていましたが、実は事情が異な

PC Windows

スウェーデンのデベロッパーGRINが開発していたとされるコードネーム“Fortress”。GRINの閉鎖の後明らかになった、ファイナルファンタジーのスピンオフともいわれています。GRINの消滅ともにこの作品も消えてしまったと見られていましたが、実は事情が異なるのかもしれません。

スウェーデンのデベロッパーGRINは、ここ数年ではWanted: Weapons of Fate、Bionic Commando、Terminator Salvationなどの開発を担当、いずれも大成功とはいかず、スタジオは閉鎖。現在は、同代表などによって少数精鋭の新会社、Outbreak Studiosが設立されています。

「スタジオの閉鎖前、GRINが開発を進めていたファイナルファンタジー作品は、パブリッシャーのスクウェア・エニックスによって今も開発中である」との見方が、海外サイトより出てきています。情報元によれば、GRINが閉鎖した大きな理由のひとつに、このFortressがあったようです。

昨年の後半に契約を結んだ両社でしたが、作品のクオリティへの懸念から、スクウェア・エニックスは、わずか6ヶ月でGRINをFortressの開発プロジェクトから外しています。GRINはその後、資金不足から新しいプロジェクトを立ち上げることができず、賃金の支払いが不可能になり、結果として閉鎖に至ったとのこと。つまり、Fortressの開発においてGRINの閉鎖は影響しない、ということになります。

いずれにせよ、コードネーム“Fortress”がまだ生きているかはスクウェア・エニックス次第ということになりそうですが、今後、別のメーカー、あるいはスクウェア・エニックスの自社開発によって、ファイナルファンタジーのスピンオフ作品が見られるかもしれません。(ソース: GamesIndustry.biz : GRIN's Final Fantasy spin-off still in development, イメージ: clayman.se)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. ゾンビパルクール『Dying Light』が『Left 4 Dead 2』とコラボ!公式Twitterが発表

    ゾンビパルクール『Dying Light』が『Left 4 Dead 2』とコラボ!公式Twitterが発表

  2. 『バトルフィールドV』チャプター5「太平洋の戦い」トレイラー公開! あの定番マップも?

    『バトルフィールドV』チャプター5「太平洋の戦い」トレイラー公開! あの定番マップも?

  3. 2019年9月のSteamトップリリースタイトル発表、『CODE VEIN』や『Gears 5』がランクイン

    2019年9月のSteamトップリリースタイトル発表、『CODE VEIN』や『Gears 5』がランクイン

  4. 『ボーダーランズ3』シリーズ10周年イベント第4週目「Twitchでヒャッハー!」がスタート!「血まみれ収穫祭」国内向け映像も

  5. PC版『CoD:MW』ローンチ時間が公開!日本では25日午前10時から

  6. 『マブラヴ オルタネイティヴ』の正当続編『INTEGRATE』発表!新作『PROJECT MIKHAIL』や『君が望む永遠』のリブート計画始動も明らかに

  7. エレクトロニック・アーツがSteamでのPCゲーム販売を再開予定? データベースに気になる動き

  8. 『LoL』初期チャンプのスプラッシュアートが期間限定で変更!ファンの入魂イラストがロード画面にズラリ

  9. 放置系RPG『Clicker Warriors』PC/モバイル向けに配信―空いた時間にも冒険をチラ見!

  10. 『ボーダーランズ3』期間限定イベント「血まみれ収穫祭」トレイラー公開―アンデッドを相手に新装備を手に入れよう

アクセスランキングをもっと見る

1
page top