ウィル・ライトの新会社Stupid Fun Clubは3つのプロジェクトが進行中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ウィル・ライトの新会社Stupid Fun Clubは3つのプロジェクトが進行中

Sporeの発売後、EAとMaxisを退社し、ゲームだけに留まらない製品を開発するクロスメディアベンチャーStupid Fun Clubを立ち上げたWill Wright氏。最新のインタビューから、現在3つのプロジェクトを手掛けていることが分かりました。

ニュース 最新ニュース
Sporeの発売後、Electronic ArtsとMaxisを退社し、ゲームだけに留まらない製品を開発するクロスメディアベンチャーStupid Fun Clubを立ち上げたWill Wright氏。VentureBeatに語った最新のインタビューから、現在3つのプロジェクトを手掛けていることが分かりました。

Wright氏は各プロジェクトの詳細は明かしませんでしたが、「ゲーム」ではなく「プレイ」という広い枠組みで、いずれもウェブに関連した要素が含まれているそうです。また、開発はたった12人という少数精鋭で進められており、3つのうち1つのプロジェクトはこれから半年〜1年以内に商品化できるはずだと話しています。

SimCityやSporeなど数々の革新的なゲームを生み出してきたWill Wright氏。ゲームの垣根を超えたジャンルでもユーザーを驚かせることができるでしょうか。(ソース: VentureBeat)


【関連記事】
ウィル・ライト氏がEAとMaxisを退社。テレビゲームの垣根を越えた娯楽作品の開発へ
海外レビューハイスコア 『Spore』
『Spore』の生みの親ウィル・ライト氏の愛する5つのゲームとは?
Amazonのレビューが全削除!?『Spore』の厳しいコピー制限に、発売元のEAが反論
本日の一枚 『世界で一番小さなSPOREの宣伝看板』
一億本!『The Sims』がシリーズ累計セールス100,000,000本を達成
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

    基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

  2. 『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

    『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

  3. 強力なIP開発やWeb3とディープラーニングへの投資を続ける―『PUBG』開発元の2023年企業戦略が明らかに

    強力なIP開発やWeb3とディープラーニングへの投資を続ける―『PUBG』開発元の2023年企業戦略が明らかに

  4. イーロン・マスクがTwitterAPI有料化に言及―100ドルの月額料金とID認証で物事を整理できる

  5. ゲーミングマウスは大軽量化時代へ!わずか49gの「Razer Viper Mini Signature Edition(約36,000円)」登場、29gの新作を予告するメーカーも

  6. NetEaseが新たなゲームスタジオ「Spliced」設立―『GTA』『CoD』、Google、Amazon出身の人材が参加

  7. 『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』などがお買い得!最大70%OFFのアトラスセール、2月15日まで

  8. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  9. まだ間に合う!『逆転裁判』『ドラゴンズドグマ』『大神』等がお得なカプコンセール開催中、最大76%OFF

  10. 『CCFF7R』や『ドラクエX』オフライン版発売も前年同期比で減収―スクエニHD、2023年3月期第3四半期連結決算発表

アクセスランキングをもっと見る

page top