呪怨の海外ゲーム版『JU-ON』のプレス用パッケージがかなりの恐怖体感だった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

呪怨の海外ゲーム版『JU-ON』のプレス用パッケージがかなりの恐怖体感だった

家庭用ゲーム Wii

ホラー映画『呪怨』シリーズをWiiでゲーム化した『恐怖体感 呪怨』。海外ではJU-ON: The GrudgeというタイトルでXSEEDが10月13日に発売しました。Grudgeは「恨み, 遺恨, 怨恨」といった意味なのでタイトルが「呪怨: 怨」になってしまうのはおいておきましょう。

ゲームの発売時には、レビュー用にプレスには事前にソフトが送られます。JU-ONも同様に各プレスに送られたようなのですが、そこで送付されたパッケージが、ただのゲームソフトにとどまらない、ゲームを超える(?)かなりの恐怖体感となっていたようです。海外サイトDestructoidの報告をお伝えします。

* * * * * * *


FedEXの封を開けると中から茶封筒が出てきた。血のようなものがべったりとついており、なにやら髪の毛のようなものがすきまからのぞいているが……


……! 茶封筒からぐしゃぐしゃになった髪の毛の束が出てきた


肝心のゲームソフトは……血にまみれた包帯でぐるぐるに巻かれている


白い箱が出てきた。こちらも血まみれになっている


箱の中から出てきたのは……電池と鍵……? このゲームのポイントとして、懐中電灯のために電池を集めるのというのがある。これはまだ分かるが……鍵? 全く分からない。私の家で試したけど何も開かなかった。信じてほしい、私は全て試してみたんだ!

* * * * * * *


こんな気合いの入ったパッケージを送るXSEEDもすごいですが、鍵が使えるかどうか試す(本当に試したかはともかく)レビュアーもお茶目ですね。もしこの鍵で家の何かが開いたらそれこそ怖いです。鍵はけっきょく「なんとなく伝統的に怖い」ということで落ち着いたようです。さて私は、これを書いている間にXSEEDのメッセージに気がつきました。「このゲームは、電池が鍵ですよ」というメッセージに……。

実際に送られてきたらかなりホラー(というか髪の毛とかどうしろと……)なこのパッケージで、JU-ON: The Grudgeの恐怖、あるいはパブリッシャーのやる気はレビュアーに十分伝わったはず。さて、肝心のゲームの評価は……少々残念なことになっていました。(ソース・イメージ: Destructoid)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売日アップデート実施!「プーギー」やギャラリー機能追加

    『モンハン:ワールド』発売日アップデート実施!「プーギー」やギャラリー機能追加

  2. Elaバランス調整含む『レインボーシックス シージ』パッチ4.2配信日決定!

    Elaバランス調整含む『レインボーシックス シージ』パッチ4.2配信日決定!

  3. PS4『ワンダと巨像』「フォトモード」国内情報! PS4 Proでプレイ体験を向上させる機能も

    PS4『ワンダと巨像』「フォトモード」国内情報! PS4 Proでプレイ体験を向上させる機能も

  4. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  5. 『レインボーシックス シージ』パッチ4.2内容が海外公開―Ela弱体化などバランス調整含む

  6. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  7. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  8. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  9. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  10. 『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

アクセスランキングをもっと見る

page top