『Modern Warfare 2』のInfinity Ward、現世代ハードに可能性はまだ残っている事をコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Modern Warfare 2』のInfinity Ward、現世代ハードに可能性はまだ残っている事をコメント

Call of Duty 4で高レベルのクオリティを実現し、多くのユーザーから賞賛を呼んだその続編、Call of Duty: Modern Warfare 2。その開発元であるInfinity WardのRobert Bowling氏は、まだ現世代のハードで十分戦えるという事を海外サイトのインタビューで答えています

PC Windows

Call of Duty 4:Modern Warfareで高レベルのクオリティを実現し、多くのユーザーから賞賛を呼んだその続編、Call of Duty: Modern Warfare 2。その開発元であるInfinity WardのRobert Bowling氏は、まだ現世代のハードで十分戦えるという事を海外サイトのインタビューで答えています。

“私はこれからも今のコンソールを選ぶ事が出来ると思います。目に見えない壁にぶち当たってしまう事が全てですが、それを突破する方法を見つけています。私達はCall of Duty 4の開発を終えた時、見えない壁にぶち当たったと思いましたが、ご覧のようにModern Warfare 2でその解決方法を見つけました。私達が取り入れたテクスチャーストリーミング技術は多くの引き出しを開ける事になり、それがどうなるかわかりませんが、結局の所、現世代ではより多くの事が可能です。”

Bowling氏はこのようにコメントし、続けて一つの課題点を提示しています。

“大きな闘いとなるのは容量です。私達の技術者はその新しい方法を探しています。もしそれを突破する事が出来れば、まだ行けるでしょう。”

以下の画像がModern Warfare 2で導入されたテクスチャーストリーミングの比較画像で、左側が適用前、右側が適用後となり、より精細に描写されている事が判るのではないでしょうか。

(ソース: Nowgamer, イメージ: flickr)

【関連記事】
PC版『Modern Warfare 2』はSteamWorksに対応。海外では予約受付が開始

『Modern Warfare 2』“Rust”マップを使用したGameStop限定ムービーが公開

PC版『Modern Warfare 2』の延期は無し。専用サーバーのサポートも…無し!?
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】硬派TPS『Gears 5』新要素の協力脱出モード「Escape」でもぶっ飛ばしていこうぜ!

    【吉田輝和の絵日記】硬派TPS『Gears 5』新要素の協力脱出モード「Escape」でもぶっ飛ばしていこうぜ!

  2. PC版『Detroit: Become Human』の配信日は近日発表―ティーザートレイラー公開

    PC版『Detroit: Become Human』の配信日は近日発表―ティーザートレイラー公開

  3. ロボカスタマイズACT『M.A.S.S. Builder』早期アクセス開始―性能に縛られない外見カスタマイズが可能

    ロボカスタマイズACT『M.A.S.S. Builder』早期アクセス開始―性能に縛られない外見カスタマイズが可能

  4. リロードすら一苦労…銃の操作を細かく再現したFPS『Receiver』がSteamで配信開始

  5. 「ある日突然ヒットして、びっくりしました」『Project Winter』ミニインタビュー【TGS2019】

  6. 恋愛相手は…カーネルおじさん!?“KFC公式”恋愛シム『I Love You, Colonel Sanders!』発表【UPDATE】

  7. 『Destiny 2』9月に基本無料化!新拡張「影の砦」、PC版のSteam移行も発表

  8. チェルノブイリホラー『Chernobylite』早期アクセス開始日決定!内容を紹介する最新映像も

  9. PC版『ボーダーランズ3』最小/推奨スペックおよび映像オプション項目が公開

  10. ラヴクラフトホラー『Conarium』がEpic Gamesストアにて期間限定無料配布! 次回は『バットマン』のゲームか

アクセスランキングをもっと見る

page top