『Modern Warfare 2』のInfinity Ward、現世代ハードに可能性はまだ残っている事をコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Modern Warfare 2』のInfinity Ward、現世代ハードに可能性はまだ残っている事をコメント

Call of Duty 4で高レベルのクオリティを実現し、多くのユーザーから賞賛を呼んだその続編、Call of Duty: Modern Warfare 2。その開発元であるInfinity WardのRobert Bowling氏は、まだ現世代のハードで十分戦えるという事を海外サイトのインタビューで答えています

PC Windows

Call of Duty 4:Modern Warfareで高レベルのクオリティを実現し、多くのユーザーから賞賛を呼んだその続編、Call of Duty: Modern Warfare 2。その開発元であるInfinity WardのRobert Bowling氏は、まだ現世代のハードで十分戦えるという事を海外サイトのインタビューで答えています。

“私はこれからも今のコンソールを選ぶ事が出来ると思います。目に見えない壁にぶち当たってしまう事が全てですが、それを突破する方法を見つけています。私達はCall of Duty 4の開発を終えた時、見えない壁にぶち当たったと思いましたが、ご覧のようにModern Warfare 2でその解決方法を見つけました。私達が取り入れたテクスチャーストリーミング技術は多くの引き出しを開ける事になり、それがどうなるかわかりませんが、結局の所、現世代ではより多くの事が可能です。”

Bowling氏はこのようにコメントし、続けて一つの課題点を提示しています。

“大きな闘いとなるのは容量です。私達の技術者はその新しい方法を探しています。もしそれを突破する事が出来れば、まだ行けるでしょう。”

以下の画像がModern Warfare 2で導入されたテクスチャーストリーミングの比較画像で、左側が適用前、右側が適用後となり、より精細に描写されている事が判るのではないでしょうか。

(ソース: Nowgamer, イメージ: flickr)

【関連記事】
PC版『Modern Warfare 2』はSteamWorksに対応。海外では予約受付が開始

『Modern Warfare 2』“Rust”マップを使用したGameStop限定ムービーが公開

PC版『Modern Warfare 2』の延期は無し。専用サーバーのサポートも…無し!?
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. 勤めた会社がブラックすぎる!惑星探索ADV『Journey to the Savage Planet』Steam版が1月29日リリース決定

    勤めた会社がブラックすぎる!惑星探索ADV『Journey to the Savage Planet』Steam版が1月29日リリース決定

  2. 『サイバーパンク2077』のパッチ1.1が配信―メモリ使用の改善やセーブ、起動・終了時のクラッシュ修正など

    『サイバーパンク2077』のパッチ1.1が配信―メモリ使用の改善やセーブ、起動・終了時のクラッシュ修正など

  3. 圧政に抗いシャーウッドの森に村を築け―RPG&シティビルダー『Robin Hood - Builders Of Sherwood』が発表

    圧政に抗いシャーウッドの森に村を築け―RPG&シティビルダー『Robin Hood - Builders Of Sherwood』が発表

  4. Ryzen搭載のスイッチ風ゲーミングUMPC「AYA NEO」登場!『サイバーパンク2077』もプレイ可能【UPDATE】

  5. 4月15日発売の競馬SLG最新作『Winning Post 9 2021』新たな配合理論などの新要素が公開

  6. 『マインクラフト』に新Mob「光るイカ」などが追加される最新スナップショット21w03a公開

  7. オープンワールドACT『Faye/Sleepwalker』1月25日配信決定! ハイスピードバトルに注目する新トレイラー公開

  8. 『原神』Ver.1.3「明霄、海に昇りて」予告PV公開―新実装キャラは「魈」! 海灯祭テーマの様々なイベントが開催

  9. Co-op線路工事ゲーム『Unrailed!』Steam版が1月25日まで無料プレイを実施中!

  10. 『サイバーパンク2077』むちむちボディなメカニック「クレア」の二の腕とふとももが、私の心を掴んで離さない

アクセスランキングをもっと見る

page top