MSの非公認メモリーユニット締め出しに対し、Datel社がアップデート版で対抗? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

MSの非公認メモリーユニット締め出しに対し、Datel社がアップデート版で対抗?

家庭用ゲーム Xbox360

先日、マイクロソフトは、次回のダッシュボードの更新において、非公認のメモリーデバイスが使えなくなることを明らかにしました。更新後にマイクロソフト非公認のメモリーユニットを使った場合、そのデバイスに入っているプロフィールデータへのアクセスが不可能になるといわれています。主にチート対策としての変更でありながらも、一部のユーザーやメーカーからは反発の声があがっていました。

その中に海外で2GBのメモリーユニットを販売しているメーカー、Datelの声もありました。マイクロソフトの公式製品が512MBで29.99ドルなのに対し、Datel製のMax Memoryは2GBで39.99ドルと安価。Datelはマイクロソフトの対応について「ユーザーの選択の自由を阻むのは残念」との声明を発表していました。

今回、UKのある卸売業者から小売業者へ送られたメールによれば、Datelは対抗策として、同社のデバイスをアップデートし、今後も使用可能な形で販売し続けていく方針のようです。

メールによれば「マイクロソフトが行うダッシュボートの更新でメモリーユニットが機能しなくなる可能性があり、この問題を解決したアップデート版をリリースする準備を整えている。また、いま同社の製品を持っているユーザーは、Datelへ返品することにより、ダッシュボード更新に対応したアップデート版と交換することもできる」とのこと。「今回の問題は、完全にマイクロソフトの行動によるものであり、私たちの手に余るものです。必然的に引き起こされるこの不都合に対し謝罪するとともに、この状況はDatel社により引き起こされたものでないと、あなたが理解してくれることを望みます」との言葉もあります。

もしこれが確かであれば、マイクロソフトが目指す今回のチート対策が不十分なものになる可能性も出てきました。いつBANされるか分からない状況で使い続けるユーザーが果たしてどのくらいいるのかは分かりませんが、メーカーとマイクロソフトによるいたちごっこの様相も見せてきており、今後の双方の対応が気になるところです。(ソース: Maxconsole: Datel to fight back against MS unofficial memory card block!!!)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

    隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

  2. 『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

    『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

  3. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

    【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  4. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』 新キャラ国内発表!最新映像も

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  6. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

  7. スイッチ版『スカイリム』携帯/テーブルモード実機ゲームプレイ映像!

  8. 戦国死にゲー『仁王』DLC第2弾「義の後継者」の詳細&最新スクリーンショット公開!

  9. PS4『Destiny 2』オープンベータが7月19日より先行開始決定!

  10. PS4『クラッシュ・バンディクー』海外版に知る人ぞ知る「没ステージ」実装

アクセスランキングをもっと見る

page top