『Modern Warfare 2』のテロリスト襲撃シーンに波紋、オーストラリアで発売禁止の恐れも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Modern Warfare 2』のテロリスト襲撃シーンに波紋、オーストラリアで発売禁止の恐れも

海外リリースが目前まで迫ったCall of Duty: Modern Warfare 2ですが、プレイヤーがテロリストになって空港を襲撃するシーンが存在することを発端に、オーストラリアで発売禁止になる可能性が出てきました。

PC Windows
海外リリースが目前まで迫ったCall of Duty: Modern Warfare 2ですが、プレイヤーがテロリストになって空港を襲撃するシーンが存在することを発端に、オーストラリアで発売禁止になる可能性が出てきました。

Activisionはネット上に出回った問題のシーンについて、テロリズムの残虐さを演出するためのもので、スキップすることも可能だと説明していましたが、各国の大手メディアが大々的にこの問題が取り上げ世間から注目を浴びることに。その結果、オーストラリアの子供とメディア問題を扱う審議会(Australian Council on Children and the Media)が、同国におけるMA15+というレイティング審査を見直す必要があるとの訴えを起こしました。

もしこの要求が受け入れられた場合、ビデオゲームのカテゴリではMA15+より上のレイティングが存在しないオーストラリアでは、先日問題になったLeft 4 Dead 2と同様、このままではゲームが発売できなくなる恐れも。一方で、「映画なら悪役の視点で描かれるのは珍しくない」と関係者から反論の声も上がっています。(ソース: GamePolitics)


【関連記事】
Activision:『Modern Warfare 2』のテロリスト動画は本物、スキップの選択肢も用意
テロリストとなって空港を襲撃する『Modern Warfare 2』のゲームプレイ映像が流出!?
『Modern Warfare 2』はサードパーソン視点をフィーチャー。Infinity Wardが認める
PC版『Modern Warfare 2』への批判強まる。専用サーバーを求める嘆願書に11万人が署名
PC版『Modern Warfare 2』の延期は無し。専用サーバーのサポートも…無し!?
『Modern Warfare 2』のキャンペーンCo-opを廃止にした理由は“映画的な体験が台無しになる”から
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 「無人島開拓」新情報も!『FF14』パッチ6.2は8月下旬公開予定─「第71回PLL」ひとまとめ

    「無人島開拓」新情報も!『FF14』パッチ6.2は8月下旬公開予定─「第71回PLL」ひとまとめ

  2. 『Vampire Survivors』パッチ0.8.0は現地7月7日配信―新バージョンのステージ5など実装予定

    『Vampire Survivors』パッチ0.8.0は現地7月7日配信―新バージョンのステージ5など実装予定

  3. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

    【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  4. ハクスラローグライトFPS『Gunfire Reborn』250万本突破―ロードマップでは有料DLCと無料アップデート発表

  5. 『デジモンサヴァイブ』海外向け最新ゲームプレイトレイラー!ドラマパートの選択やバトルの戦術性紹介

  6. 水没世界を船で生き延びるアドベンチャーMMO『Age of Water』クローズドベータテストが今夏開催

  7. ピクセルRPG『Rayless Blade』Kickstarter開始―広大なオープンワールドで暴君から世界を救え

  8. 明治時代の洋館探索ホラーADV『夜詛YASO curse of soirée』7月7日リリース―VTuber市松寿ゞ謡氏の最新作

  9. カラフル&ド派手なボスラッシュACT『Mini Island: Cosmos』Steamでリリース―72のボス戦を戦い抜け

  10. 囚人サバイバル『SCUM』にダニー・トレホ参戦! もちろんマチェーテもあるよ

アクセスランキングをもっと見る

page top