Xbox LIVEからBanされた360本体はゲームのHDDインストールも不可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox LIVEからBanされた360本体はゲームのHDDインストールも不可能に

家庭用ゲーム Xbox360

マイクロソフトが違法に改造されたXbox 360本体をXbox LIVEからBanしていると先日お伝えしましたが、実際にその処分を受けたユーザーらの報告から、Banを受けると本体がどのような状態になるか海外ユーザーの1人がまとめています。

Banされた本体はXbox LIVEに接続できなくなるだけでなく、ハードディスクにゲームがインストールできないなど厳しい処置を受けるようです。

* Banされた本体はXbox LIVEに接続することができない
* よって本体やゲームをアップデートすることができずXBLAをはじめとするマーケットプレースのコンテンツも永久に利用できなくなる
* ゲーマータグは削除されないものの新しい本体で復元するとデータが破損してオフラインプレイで解除した実績が全て無効になる
* Banされた本体でセーブデータにアクセスするとデータが破損する
* Windows Media Centreの機能が無効になる
* ハードドライブにゲームをインストールできなくなる
* HDDにインストール済みのディスクベースゲームもプレイ不可能になる
* 但しハードドライブ自体はBanされていない本体で問題なく使用できる
* ダウンロードしたXBLAのゲームやDLCはBanされていない本体へ引き継ぐことができるが手続きや再ダウンロードが必要になる


ソースのサイトによると、これらの処置に対して「新しい本体を購入する」以外に現在対処法は一切ないとのこと。また、ここで挙げた以外にも無効になっている機能があるかもしれないそうです。(ソース: Xbox-Scene: More on LIVE Bans, HDD Crippling, Possible Ban Causes)


【関連記事】
マイクロソフト、違法に改造された360本体をXbox LIVEから一斉に追放
ゲーム機の改造代行で大学生が逮捕。長期禁固刑の可能性も
Wiiの最新システムアップデートで本体が故障。公式フォーラムで被害報告
『Uncharted 2』ゲーム中にフリーズが発生… ユーザーから多数の報告例
Xbox 360版『NFS: Shift』でPS Storeにアクセスしてフリーズする不具合が発生
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

    今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

  2. 『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

    『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

  3. 『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

    『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

  4. 4vs1マルチホラー『Dead by Daylight』の海外PS4/XB1版発売日決定!

  5. 『スプラトゥーン2』スイッチ同梱版、マイニンテンドーストアでは販売せず─カスタマイズには新色ジョイコンを追加予定

  6. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  7. 【特集】PS4版も登場!『グウェント ウィッチャーカードゲーム』日本語版プレビュー&開発インタビュー

  8. 『オーバーウォッチ』の1周年記念イベントがスタート!―新アイテム多数追加

  9. 『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

  10. 『ストリートファイターV』CFNが5月末に刷新、新キャラ「エド」や金網が懐かしいあのステージの復活も

アクセスランキングをもっと見る

page top