Ninja Theory「独占タイトルの開発にはマルチタイトル以上のプレッシャーがある」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ninja Theory「独占タイトルの開発にはマルチタイトル以上のプレッシャーがある」

かつてPS3専用タイトルHeavenly Swordを手がけ、現在はPS3とXbox 360用のEnslavedを開発中の Ninja Theory 。創設者のTameem Antoniades氏が海外サイトのインタビューに応え、Heavenly Sword開発当時を振り返りながら、独占タイトルにおける苦労について語っています。

家庭用ゲーム Xbox360
かつてPS3専用タイトルHeavenly Swordを手がけ、現在はPS3とXbox 360用のEnslavedを開発中のNinja Theory。創設者のTameem Antoniades氏が海外サイトのインタビューに応え、独占タイトルの開発における苦労について語っています。氏はHeavenly Sword開発当時を振り返り、以下のように話しています。
“独占タイトルでテクノロジーデモの役割を担うプレッシャーは、開発において他の何にも優ります。フォーマット戦争の一方に巻き込まれることで、まるでゲームをつくる機械のように消耗していくのです。独占タイトル開発のデベロッパーとして多くの関心を得ることは素晴らしいことです。しかしその反面、多くのアンチソニー感情がうずまく状況があり、私はそれが不当に我々のチームに向けられていたようにも感じていたのです。

独占タイトルの開発において、様々な意味でのプレッシャーを感じていたと話すTameem氏。現在開発中のマルチプラットフォームタイトル、Enslavedでは、よりリラックスした状態で開発に打ち込めているとのこと。Ninja Theoryのように、独立系デベロッパーとしてファーストタイトルに携わるケースは少なくありませんが、こういったプレッシャーをどのスタジオも少なからず感じているのかもしれません。(ソース: Eurogamer: Ninja Theory: exclusivity is "draining" News)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Ghost of Tsushima』の美麗な自然描写について映像も交えて解説する特集が公開!

    『Ghost of Tsushima』の美麗な自然描写について映像も交えて解説する特集が公開!

  2. 『Crysis Remastered』のスイッチ版は当初の予定通り現地時間7月23日発売へ

    『Crysis Remastered』のスイッチ版は当初の予定通り現地時間7月23日発売へ

  3. 世界一斉脳トレ大会「川島杯」に参加した川島教授が敗北を認める―『あつ森』にうつつを抜かしたため

    世界一斉脳トレ大会「川島杯」に参加した川島教授が敗北を認める―『あつ森』にうつつを抜かしたため

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  5. コナミが「ACミラン」「インテル」とのライセンス契約終了を発表―『eフットボール ウイニングイレブン2020』には影響なし

  6. 発売迫る『Ghost of Tsushima』のFAQが公開―海外版と日本語版で映像表現に違いはなし

  7. 疑惑のアクションRPG『ファイナルソード』スイッチ版が発売から4日で配信停止に―モバイル版は現在も配信中

  8. “対馬の冥人”見参! 発売迫る『Ghost of Tsushima』時代劇映画風の最新トレイラーが公開

  9. 『Ghost of Tsushima』の「Kurosawa Mode」はただのモノクロ表示じゃない! フィルム粒子や50年代風サウンドで当時の時代劇を完全再現

  10. 【注意喚起】『あつまれ どうぶつの森』島を開放する際はマリンスーツにご用心─空港入り口の封鎖では対応不可、“飛び込み”で柵は無視できる

アクセスランキングをもっと見る

page top