“買ってはいけない”―BethesdaのFPS『Rogue Warrior』がIGNで最低レベルの評価 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“買ってはいけない”―BethesdaのFPS『Rogue Warrior』がIGNで最低レベルの評価

Bethesdaから12月1日に発売されたFPS、 Rogue Warrior の評価が大変なことになっていました。開発はRebellionというところで、Bethesdaはパブリッシングのみ担当しています。現在32点というメタスコアもひどいものですが、その中でも大手サイトIGNが「 1.5/10 」と過去

PC Windows

Bethesdaから12月1日に発売されたFPS、Rogue Warriorの評価が大変なことになっていました。開発はRebellionというところで、Bethesdaはパブリッシングのみ担当しています。なんとアナウンスは2006年までさかのぼるRogue Warrior、途中で開発元が変更になるなど紆余曲折がありましたが、結局は失敗作といえる出来だったようです。

PC、Xbox 360、PS3で発売の本作、現在20〜30点台というメタスコアもひどいものですが、その中でも大手サイトIGNが「1.5/10」と過去最低レベルのスコアで酷評。「世の中には、お金だけでなく費やした時間すらも返してほしくなるような、完全に破綻しているゲームというものがあります。この定義に見合う最近のゲームが、Rogue Warriorです」「あらゆる犠牲を払ってもこの作品を遠ざけておくべき」と冒頭で記述し、以下は細部にわたり残念な部分の指摘ラッシュ。



■AIの機能停止
ステルス機能は完全に崩壊。9割の敵は常に主人公に背中を向けており、足音も意味をなさない。敵に突っ込んでいっても、敵はしばらく発砲せずに立ち続ける。

■壊れた照準
当たるか当たらないかがはっきりしており、一発で敵を倒すこともあれば、弾薬を使い切っても倒せないこともある。ヘッドショットを決めたと思っても敵は立ち続け、手榴弾の爆発も無視。プレイヤーは、最終的に格闘だけで進む選択をしいられる。

■2時間以下でクリア
キャンペーンモードは1時間半でクリア可能。マルチプレイはデスマッチとチームデスマッチのみ。しかし購入した数少ない人々はみな後悔に苛まれており、誰もオンラインをプレイしていない。これがフルプライス? 何かの冗談だろう。

■残念なヴィジュアル
このゲームの映像は、せいぜいPS2かXbox程度で、無理して言えば初期のPS3/Xbox 360レベル。スローダウン、ティアリング、ぎこちないアニメーションなど、至るところが劣っている。

IGN: 1.5/10
もしあなたが偶然にも、財布に余分なお金が入っているようなことがあったとしても、決してこのゲームを買ってはいけません。ゲームプレイは貧弱で、ヴィジュアルは平均以下、プロットはバカげています。本作を買う唯一の理由となりそうなのは実績/トロフィーですが、せめてレンタルかバーゲンセールを待つべきです。それでもなお、このゴミくずがあなたのゲームアカウントを汚染するのを正当化するのは難しいでしょう。
もう一度言います。このゲームを買ってはいけません。




ちなみにGameSpotでは「2.0/10」とやはり厳しい評価。最近ではWiiで発売されたWheelspinが最低評価を受けるなど、パブリッシャーとしてはちょっと不運が重なった感のあるBethesdaですが、来年はBrinkなどの大型FPSも予定され、きっと挽回してくれるはずです。(ソース: IGN)


(c) 2009 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. All Rights Reserved.

【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. Game Pass「最初の1カ月は100円」キャンペーンが復活!PCとUltimateが対象

    Game Pass「最初の1カ月は100円」キャンペーンが復活!PCとUltimateが対象

  2. 不具合修正『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』本日17時までサーバーメンテナンスが実施

    不具合修正『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』本日17時までサーバーメンテナンスが実施

  3. 麻雀×ローグライクバトル『麻雀神威:継承者の争い』Steamでリリース―面子で攻撃!ポン、チー、カンでカウンターもできる

    麻雀×ローグライクバトル『麻雀神威:継承者の争い』Steamでリリース―面子で攻撃!ポン、チー、カンでカウンターもできる

  4. "プレイヤーが自由にゲームを創造できる"元『GTA』開発者によるマルチワールドゲーム『EVERYWHERE』新トレイラー!

  5. 宇宙船がワンボタンで戦闘メックに変形!基本プレイ無料スペースアクションADV『PHANTOM GALAXIES』11月2日早期アクセス開始

  6. 石器時代から近未来まで1万年に渡る国家戦略を練るターンベース4xゲーム『Millennia』発表―Paradox Interactive新作

  7. 『サイバーパンク2077』無料アプデ効果で同接9万人越えのプレイヤー数急増!DLCリリースも控えさらなる伸びにも期待がかかる

  8. 『WILD HEARTS』クラッシュする不具合修正のパッチ配信―メンテ継続で「引き続き楽しむがよい」との言葉も

  9. アニメ調グラフィックの新作RPG『BREAKERS』ゲームプレイトレイラー公開!迫力満点のカットイン演出が光る

  10. 『Fallout 76』12月5日配信!新要素満載のアップデート「Atlantic City」最新映像公開【TGS2023】

アクセスランキングをもっと見る

page top