『God of War』のクレイトスは企画段階でディズニーの妖精みたいなキャラだった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『God of War』のクレイトスは企画段階でディズニーの妖精みたいなキャラだった

家庭用ゲーム PS3



最新作の発売が来月に迫るGod of Warですが、Official PlayStation Magazine UKの最新号に、シリーズの歴史を振り返る10ページの特集記事が掲載され、主人公クレイトス誕生のちょっとした裏話が明るみになっています。

シリーズでアートディレクターを務めるKen Feldman氏によると、ストーリーや武器をはじめゲームのあらゆる部分で基盤となる主人公の設定は最も難しい選択だったといい、最初に考え付いたアイデアは、ヒステリックな性格の小さな妖精のキャラクターで、アニメーションはまるでディズニー映画のよう見えたのだとか。

最終的に、1年半を要して現在のクレイトスのアイデアに行き着いたそうですが、他にも逃亡した奴隷や赤ん坊を抱いた盲目の僧侶など、様々なキャラクター設定が提案されていたとのこと。

一方、God of War2作目までのリードデザイナーを担当したDavid Jaffe氏は、自身のアクションアドベンチャー映画に対する情熱を反映したゲームを作りたいと考えており、主人公像についても明確なイメージを思い浮かべていたそうです。
“『レイダース/失われたアーク』、ギリシャ神話、とりわけレイ・ハリーハウゼン作品の『アルゴ探検隊の大冒険』や『タイタンの戦い』を代表する大好きな映画や、Atari 2600のAdventure、Devil May Cry、ICOみたいな大好きなゲームを全部まとめて1つの作品にしたかった。”

(ソース&イメージ: CVG)


【関連記事】
カオスがほとばしる『God of War III』の独占最新トレイラー
様々なモンスターなどを描いた『God of War III』のコンセプトアートが多数公開
海外レビューハイスコア 『God of War Collection』
ヘルメスのサンダルで壁走り!『God of War III』のスペインのゲーム誌から新情報
SCE:『God of War II』は当初PS3向けタイトルとして構想されていた
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

    日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

  2. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

    PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  3. 『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

    『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

  4. ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

  5. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

  6. スイッチ『スマブラSP』アシストフィギュアにボンバーマンが登場!お馴染みの十字爆発で強力サポート

  7. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  8. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『ロケットリーグ』、『フォートナイト』方式のコンテンツシステム「ROCKET PASS」を導入へ

  10. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

アクセスランキングをもっと見る

page top