Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早

家庭用ゲーム Xbox360

Halo: Reachのベータテストに向け準備を進める開発のBungie。ReachはBungieがつくる最後のHalo、ということでこれまで以上に期待が集まっていますが、必ずしもこれが確かというわけではないようです。BungieのBrian Jarrard氏が海外サイトのインタビューに応え、「我々が、二度と、決して、絶対にHaloゲームをつくらない、というのは時期尚早かもしれません」とコメント。しかし「未来は予見できない」ので現時点ではReachが最後、であるとしています。

「我々の心の中には、Haloのためのちょっと特別な場所がある」とHaloへの特別な思いを語る氏は、Reachが“ラスト・ヘイロー”となっていることはプレッシャーであると話しつつも、「もし我々が再びHaloに戻らないなら、ラスト・ゲームがこれまででベストになることは確か」、少なくともReachが「ファンにとって本当に特別なもの」になると話しています。

Reach以降は、Microsoft内部の343 IndustriesがHaloの指揮をとりますが、今後の状況次第では、再びBungieと組むという可能性もゼロではない様子。ただ、まずはHalo: Reachをベストなものにするべく注力しているようです。(ソース: CVG: Bungie: We might make another Halo)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『State of Decay 2』正式ローンチから2日でプレイヤー数100万人突破!各種プレイデータも公開

    『State of Decay 2』正式ローンチから2日でプレイヤー数100万人突破!各種プレイデータも公開

  2. PC版『Dead by Daylight』が週末無料プレイ開始!新ゲーム内通貨追加など次期アプデの詳細も公開

    PC版『Dead by Daylight』が週末無料プレイ開始!新ゲーム内通貨追加など次期アプデの詳細も公開

  3. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  4. 超インモラル墓守シム『Graveyard Keeper』アルファ版発売ー死体売買から魔女狩りまで、儲けるためなら何でもアリ

  5. 『ダークソウル リマスタード』をプレイするべき理由―今なお色褪せない魅力がそこにはある

  6. 『DEATH STRANDING』は世界のプレイヤーの協力が必要? マッツ・ミケルセンが言及

  7. 『Dead by Daylight』新キラー/サバイバーの予告映像が公開!キーワードは「ギター」と「瓶」

  8. ゲーム版『World War Z』久しぶりのゲーム映像―ゾンビの大群相手に為す術はあるのか

  9. 『バトルフィールドV』には2種類のゲーム内通貨が登場、コスメアイテムはプレミアム通貨で購入可能―海外報道

  10. オープンワールドスーパーヒーローACT『Marvel's Spider-Man』9分に及ぶ国内ゲームプレイ映像!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top