『ニンテンドー3DS』は3Dスティックや振動機能を搭載?−国内報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ニンテンドー3DS』は3Dスティックや振動機能を搭載?−国内報道

任天堂から遂に正式発表された、新型携帯ゲーム機ニンテンドー3DS(仮称)。裸眼で3D映像が楽しめる、既存のDSソフトと互換性があるという点以外、本体の詳細は公式に発表されていませんが、日経新聞の記事では、新たなディテールが報じられています。

携帯ゲーム DS
任天堂から遂に正式発表された、新型携帯ゲーム機ニンテンドー3DS(仮称)。裸眼で3D映像が楽しめる、既存のDSソフトと互換性があるという点以外、本体の詳細は公式に発表されていませんが、日経新聞の記事では、他にも以下のようなディテールが報じられています。

* 3次元的な操作ができるスティックを採用する方針。

* 画面上のキャラクターの攻撃や衝撃の動きをプレイヤーに振動で伝える部品を採用する方針。

* 通信速度及び電池の持続時間を大幅に向上させる見通し。

* 本体を傾けてゲームを操作できる加速度センサーを検討中。

* 画面サイズは4インチ以下(DSLLは4.2インチ)になる見込み。


これらはいずれも確定的な情報ではありませんが、過去のや任天堂が取得していた特許内容と重なる部分も多く、信憑性は高いと見るべきかもしれません。(ソース: 日本経済新聞: 任天堂、裸眼で3D楽しめるDS)


【関連記事】
任天堂、新型携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』を発表!
噂:新型“DS2”はゲームキューブ相当のパワー、2010年末に発売?
任天堂、振動機能を採用した携帯ゲーム機の特許を更新
噂: 任天堂が新型DSの開発キットを複数スタジオに配布
ニンテンドーDSi LLとは別の新型携帯ゲーム機が2010年に登場?
ニンテンドーDS2が8ヶ月以内に発表、発売は2011年−アナリストが予想
噂: Nvidiaの新型チップを採用した次世代ニンテンドーDSが開発中
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

    「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  2. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  3. 『毛糸のカービィ プラス』公式サイト&紹介映像公開!新要素が収録された体験版の配信もスタート

    『毛糸のカービィ プラス』公式サイト&紹介映像公開!新要素が収録された体験版の配信もスタート

  4. 『ウォーリーを探せ!』がニンテンドーDSでゲーム化。ESRBに情報掲載

  5. スポンジボブとのコラボ!『Drawn to Life: SpongeBob SquarePants Edition』トレイラー

  6. 通り魔事件で『ニンジャガイデン』を取り上げた日本のメディアが海外で激しく非難される

  7. SDCC 11: SEGA、DS専用のエイリアンゲーム『Aliens: Infestation』を発表

  8. 海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Devil Survivor』(女神異聞録デビルサバイバー)

  9. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  10. マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top