フルCGアニメーション風に再現!『ロックマン2』ボスキャラクター海外ファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フルCGアニメーション風に再現!『ロックマン2』ボスキャラクター海外ファンアート

ゲーム文化 カルチャー

先月にシリーズ10作目となるロックマン10 宇宙からの脅威!!も発売され、未だ多くのファンから愛されて続けているロックマン。そのシリーズ2作目のロックマン2 Dr.ワイリーの謎に登場したボスキャラクター4体を、まるでピクサーアニメーション風のCGモデルで再現した海外ファンアートが公開されています。


フラッシュマン



バブルマン



メタルマン



ヒートマン


この作品はゲームのモデリング等を手掛けるデジタルアーティスト、David Espinozaさんが製作したCGモデルとのことで、ボスキャラクターは今にも動き出しそうな存在感がありますね。

UPDATE(2010/4/19/23:00):画像を追加しました(ソース: ProtodudesRockmanCorner via Kotaku)

【関連記事】
Safariマン?Quick Timeマン?アプリを『ロックマン』風に起動してしまうMac用ランチャー
約1,500枚のスクリーンショットで表現された『ロックマン』モザイクアート!
本日の一枚 『1250枚の折り紙で作られたロックマン!』
ファミコン風『Left 4 Dead』の作者が今度は『ロックマン9』をHDリミックス!
《Round.D》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 自分の街が『ラスアス』風になるサイト「Urban Jungle」がスゴイ

    自分の街が『ラスアス』風になるサイト「Urban Jungle」がスゴイ

  2. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  3. 異形のバケモノ管理SLG『Lobotomy Corporation』は『SCP』の世界観を色濃く映す

    異形のバケモノ管理SLG『Lobotomy Corporation』は『SCP』の世界観を色濃く映す

  4. 「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

  5. アニメ版『悪魔城ドラキュラ』ティーザー映像公開!「キャッスルヴァニア」として国内でも配信【UPDATE】

  6. ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場

  7. 高クオリティ短編ホラー『Contemp』無料配信―海外学生がわずか9週間で制作

  8. RPG風世界で商店経営!『Medieval Shopkeeper Simulator』がキックスタート

  9. 『The Surge』新情報も!Focus Home InteractiveがE3出展ラインナップを予告

  10. Sci-Fi惑星サンドボックス『Planet Nomads』のKickstarterが進行中

アクセスランキングをもっと見る

page top