Bungie開発者: 10年後に別のHalo作品を作るかもしれない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie開発者: 10年後に別のHalo作品を作るかもしれない

家庭用ゲーム Xbox360

Halo: Reachは、Bungieが手がける最後のHalo作品になると言われていますが、海外サイトのインタビューを受けたBungieの開発者は、「将来別のHalo作品を作るかもしれない」と語っています。

Joystiqのインタビューで「これが最後のHaloですか?」との質問を受けたBungieのLars Bakken氏は、「はい、これがBungie最後のHaloです」と答えつつも、将来のことは誰も分からないと付け加え、10年後の未来にもしかしたら別のHalo作品を作ることになるかもしれないと含みを残しています。

Bungieは過去のインタビューでも「我々が二度Haloをつくらないというのは時期尚早かもしれません」といったコメントを残していたようです。

尚、Halo: Reach以降のシリーズ作品は、Microsoftの内部開発部門343 Industriesが担当すると言われています。(ソース: Joystiq)


【関連記事】
Bungie、Reach以降のマルチプラットフォーム向け開発は「不確定」
Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早
343 Industries、「Haloの世界を舞台にした新体験」の開発に着手?
GTTVで『Halo: Reach』大特集!ベータの最新映像がたっぷり
スカル集めから乗り物まで『Halo: Reach』マルチプレイ4つの新モード
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』低マナープレイヤーへの対処を厳罰化へ―PS4/XB1でもレポートシステムの実装予定

    『オーバーウォッチ』低マナープレイヤーへの対処を厳罰化へ―PS4/XB1でもレポートシステムの実装予定

  2. 『GTAオンライン』新敵対モード「パワーマッド」配信―新車両やゲーム内武器セールも

    『GTAオンライン』新敵対モード「パワーマッド」配信―新車両やゲーム内武器セールも

  3. 『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

    『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

  4. フルCGアニメ『バイオハザード:ヴェンデッタ』配信開始記念のシリーズタイトルセール開催―最大70%OFF!

  5. 『アンチャーテッド 古代神の秘宝』海外ロングゲームプレイ!壮大さは健在

  6. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  7. 『F1 2017』クラシックカー紹介トレイラー!「Ferrari」「Red Bull Racing」「Williams」が登場

  8. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  9. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

  10. スイッチ版『Rayman Legends: Definitive Edition』海外の発売日決定

アクセスランキングをもっと見る

page top