Bungie開発者: 10年後に別のHalo作品を作るかもしれない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie開発者: 10年後に別のHalo作品を作るかもしれない

Halo: Reachは、Bungieが手がける最後のHalo作品になると言われていますが、海外サイトのインタビューを受けたBungieの開発者は、「将来別のHalo作品を作るかもしれない」と語っています。

家庭用ゲーム Xbox360
Halo: Reachは、Bungieが手がける最後のHalo作品になると言われていますが、海外サイトのインタビューを受けたBungieの開発者は、「将来別のHalo作品を作るかもしれない」と語っています。

Joystiqのインタビューで「これが最後のHaloですか?」との質問を受けたBungieのLars Bakken氏は、「はい、これがBungie最後のHaloです」と答えつつも、将来のことは誰も分からないと付け加え、10年後の未来にもしかしたら別のHalo作品を作ることになるかもしれないと含みを残しています。

Bungieは過去のインタビューでも「我々が二度Haloをつくらないというのは時期尚早かもしれません」といったコメントを残していたようです。

尚、Halo: Reach以降のシリーズ作品は、Microsoftの内部開発部門343 Industriesが担当すると言われています。(ソース: Joystiq)


【関連記事】
Bungie、Reach以降のマルチプラットフォーム向け開発は「不確定」
Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早
343 Industries、「Haloの世界を舞台にした新体験」の開発に着手?
GTTVで『Halo: Reach』大特集!ベータの最新映像がたっぷり
スカル集めから乗り物まで『Halo: Reach』マルチプレイ4つの新モード
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

    PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

  2. 『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

    『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

  3. 『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

    『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

  4. もう一つの地球防衛軍『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』国内向け最新トレイラーが公開!

  5. 『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

  6. 『CoD:BO4』ベータ終了直前に「Blackout」モードの最大同時参加プレイヤー数が100名へ増加

  7. 『Dead by Daylight』新チャプター「断絶した血脈」は間もなく配信予定!BP2倍イベントの詳細も

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』キャラ/ロケーション新情報―厳しい自然に、前作のあのキャラたちも登場【UPDATE】

  9. 『アサシン クリード オデッセイ』“アレクサ”とアレクシオスが奇跡の融合を果たしたパロディ映像―海外ではゲームでも連携可能

  10. 非対称対戦サバイバルホラー『Dead by Daylight』PS4パッケージ版発売決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top