ウイイレ“シリーズ史上最も野心的な再設計”『Pro Evolution Soccer 2011』発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ウイイレ“シリーズ史上最も野心的な再設計”『Pro Evolution Soccer 2011』発表

コナミが、海外でウイニングイレブン最新作、 Pro Evolution Soccer 2011 (PES 2011)を公式発表、ティザートレイラーも公開されました。「シリーズ史上最も野心的な再設計が行われている」という本作の概要も明らかに。

PC Windows

コナミが、海外でウイニングイレブン最新作、Pro Evolution Soccer 2011(PES 2011)を公式発表しました。ティザートレイラーも公開されています。PS3、Xbox 360、PC、Wii、PS2、PSPで今秋発売、「シリーズ史上最も野心的な再設計が行われている」という本作の概要も明らかになっています。

*360度パスの比率を高め、パス、シュート、スローイン、スルーパス、フライングスルーパスなどに導入。正確にパスの強さを決めることが求められ、選手のオフザボールの動きを計算することが必要となる

*これまでの体力ゲージに加え、選手の運動レベルを示すショット&スタミナメーターを導入。常にダッシュするようなプレイは選手の能力低下を招く

*ディフェンダーのAIを一新。ポジショニングを重視し、エリアに入ったボールのチェイシングよりもアタッカーを止めることを優先する

*選手のアニメーションや動きなどを改善

*ビルドアップ、スペースを探すなど様々な試合のペーシングに対応。中盤からのロングランはより困難になり、ゴールに近づくためにはスペースをつくるために素早いパス回しが必要になる

*フェイシャルアニメーションの強化

*戦術・戦略に関して“ドラッグ&ドロップ”と呼ぶシステムを導入。チーム管理、選手交代、フォーメーション変更などあらゆる要素に対応する

*フェイントを右スティックに割当て、これまで以上に使いやすくなった

*審判、ゴールキーパーのAI改善

*マスターリーグオンラインの導入。UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、コパ・リベルタドーレスに拡大

これらはまだPES 2011に関する氷山の一角に過ぎず、ゲームモードや機能についてまだ重要な発表を残しているとのこと。近作の中では比較的好評だった2010年版から大胆に変更を加えるPES 2011、7月に始まるGames Conventionまでさらに何らかの発表がありそうです。(ソース: CVG)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. PC版『The Sims 4』スタンダードエディションがOriginにて期間限定無料配布中

    PC版『The Sims 4』スタンダードエディションがOriginにて期間限定無料配布中

  2. モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!クロスプレイにも対応【UPDATE】

    モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!クロスプレイにも対応【UPDATE】

  3. PC版『ファークライ』シリーズ作品がUbisoft Storeにてセール中!5月28日まで

    PC版『ファークライ』シリーズ作品がUbisoft Storeにてセール中!5月28日まで

  4. GOG.com新クライアント「GOG Galaxy 2.0」発表―PC/CS向けサービスの集約管理機能も

  5. 凄くKawaiiドット絵アクション『Piko Piko』Steamページが公開―日本語対応予定も

  6. Valveが『Dota Auto Chess』スタンドアロン版を制作中―『オートチェス』開発元との協議を経て

  7. 『ネプシューター』Steam配信開始―『ネプテューヌ』スピンオフの横スクロールSTG

  8. Steam版『GOD WARS 日本神話大戦』6月14日発売決定ー便利な新機能やダンジョンが追加

  9. 人工知能の視点で謎を解き明かす新作SFスリラー『Observation』配信開始!

  10. 死者を操るハクスラRPG『Undead Horde』Steamで正式リリース!日本語にも対応

アクセスランキングをもっと見る

1
page top