海外レビューハイスコア 『2010 FIFA World Cup South Africa』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『2010 FIFA World Cup South Africa』

本日5月10日、開幕まで約一ヶ月となったワールドカップ 南アフリカ大会に出場するサッカー日本代表23選手が発表されました。ということで、日本では5月13日に発売されるEAのFIFAシリーズ最新作、 2010 FIFA World Cup South Africa の海外レビューをお届けします。

家庭用ゲーム Xbox360


1UP: 9.1/10
これまでにプレイしたスポーツシミュレーションの中でベストのうちのひとつ。しかし、同シリーズがある種スポーツの“不気味の谷”のようなものに至ったことも明らかになった。

Game Informer: 8.5/10
ピッチ上での素晴らしいパフォーマンスを提供してくれることに疑いはない。しかし、このゲームは他の部分でワールドカップの十分な体験を与えてくれるとは言いがたく、ワールドカップの物語を完全には伝えてくれない。新しいオンラインオプションやペナルティシステムは歓迎されるだろうが、このタイトルを自立させるには十分でない。

GameSpot: 8.5/10
このトーナメント特化のサッカーゲームは、FIFA 10ほど十分なコンテンツを提供してはくれない。しかし、さまざまな点で改善が施されている。
GOOD: グレイトかつリアリスティックなサッカーゲーム。印象的なビジュアルとアニメーション。難易度設定と操作オプションは、あらゆるスキルレベルのプレイヤーを満足させる。FIFA 10よりかなり良い解説。
BAD: 限定的なオンラインオプション。ちょっとしたラグが影響するオンラインプレイ。試合の間の長いロード時間。Captain Your Countryモードの矛盾したフィードバック。

IGN: 8.3/10
本作がコアの部分で非常にインプレッシブなゲームであることに疑いはありません。わたしたちの両親でもプレイできる2ボタン操作のようなものはカジュアルプレイヤーにとってはクールです。しかし、ハードコアファン向けのカスタマイズ要素の不足は本当に残念でなりません。あなたがFIFA 10を楽しんでいたなら、わたしは確かに一見の価値ありと言うでしょう。もしサッカーがあなたを興奮させないと考えているなら、ワールドカップを勝ち取るまで待って下さい。それは本当に特別な何かなのです。

Eurogamer: 8.0/10
数ヶ月のうちに賞味期限切れとなる運命で、本作が慎重なレコメンド以上のものを提供するのは難しいでしょう。購入する人たちも、このゲーム以上に(実際のワールドカップで)フットボールの夏をエンジョイすることになるでしょう。


本日5月10日、開幕まで約一ヶ月となったワールドカップ 南アフリカ大会に出場するサッカー日本代表23選手が発表されました。ということで、海外では4月末に発売、日本では5月13日に発売されるEAのFIFAシリーズ最新作、2010 FIFA World Cup South Africa(2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会)の海外レビューをお届けします。

前作でも高い評価となったFIFAシリーズ最新作。今回はレビュー内容を精査するよりも、購入を検討するファンとしては「前作からどのくらい変わったのか」が気になるところでは。日本の公式サイトの内容をふまえつつ、どの辺りが異なるのか確認しておきましょう。

*ナショナルチームのみ使用可能(クラブチームは含まれない)
*FIFA 10よりフィジカル重視で激しいボールの奪い合いが多発
*全ての選手がオブジェクトとして存在、選手の密集エリアを通り抜けられない
*審判にも身体があり、ときにはボールに当たることも
*(ゴールからさまよい出たり、間違ったポジショニングをする)ゴールキーパー問題は解決
*ホーム&アウェイ戦略の重要性が増した
*主審がイエローカード・レッドカードを出す頻度が低下
*初心者用の2ボタン操作を追加
*PKは全面的に変更が加えられた
*選手の顔はよりそっくりに活き活きと(しかし一部は“不気味の谷”へ)


2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会はPS3、Xbox 360、Wii、PSPで発売。日本ユーザーとして気になるのは、今日発表された日本代表がいったいどういったメンバーで、どういったチームとして登場するのかという点(アップデートで選手リストは更新されると思います)。あと、特筆すべきは、FIFA 10同様に「現日本代表監督、岡田武史氏による解説」があるという点。実際に大会に向かう監督が、それを扱ったゲームに解説として登場するというのはもしかしたら初めてなんじゃないでしょうか。(ソース: metacritic)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ダーク戦国アクションRPG『仁王2』のクローズドアルファが海外で近日実施!プレイシーン収めた映像も

    ダーク戦国アクションRPG『仁王2』のクローズドアルファが海外で近日実施!プレイシーン収めた映像も

  2. みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

    みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

  3. 『エースコンバット7』DLC第1弾配信開始!ADF-11F「レーベン」がUAVで獲物を喰らうトレイラーも

    『エースコンバット7』DLC第1弾配信開始!ADF-11F「レーベン」がUAVで獲物を喰らうトレイラーも

  4. 『フォートナイト』v9.10アップデートのパッチノート公開―戦利品を運ぶホットスポットやホーンテッドヒルズテーマ、スペースロックが追加

  5. クトゥルフADV『The Sinking City』主人公が訪れるロケーションに注目した海外トレイラー

  6. 『仁王2』国内向けに発表!予告映像や前作がお得に楽しめる期間限定セールも

  7. 『ジャストコーズ4』バージョン1.11配信―古代のデーモンが登場するDLC第2弾は7月3日配信

  8. 『オーバーウォッチ』3周年記念イベント「アニバーサリー 2019」開幕!

  9. 『オーバーウォッチ』“ワークショップ”機能が一般公開!新たなゲームルールが自作可能に

  10. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top