発売はハロウィンを予定!『Splatterhouse』のプレビューが海外サイトに掲載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

発売はハロウィンを予定!『Splatterhouse』のプレビューが海外サイトに掲載

家庭用ゲーム Xbox360


ムキムキマッチョの主人公リックが怪物たちをなぎ倒すアクションホラー、Splatterhouseのプレビューが海外サイトに掲載されています。本記事では新たに公開されたスクリーンショット共に掻い摘んでご紹介します。

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。


■部屋から部屋へと怪物を全滅させながら進む、かなりリニアなゲーム(God of WarやDante's Infernoを想像してください)。

■オリジナルにあった全ての武器とともに新たな武器も登場(チェーンソー、肉切り包丁、バットなど)。

■シリーズでよく知られる怪物も登場(Splatterhouse 2に登場したぶら下がった赤ん坊など)。
■大量の血液。デモのあるエリアでは松明の明かりが血液まみれの床に反射して綺麗だった。

■巨大で身の毛もよだつボス。

■リックの体はダメージと共に損傷し、肉が剥がれ骨が見えたりする。ただし一定時間ダメージを受けずにいると再生する。
■リックはSplatter Killsによって更に残忍な方法で敵を殺す。その際はカメラがズームして背景がフェードする。

■悪魔の手足を切断したり、敵の顔を地面に叩きつけて砕いたり、胴を真っ二つに裂いたり。

■残念なことに、Splatter Killsを繰り出した際フレームレートが急降下した。またリックの手がモンスターを掴んでいなかったりと不自然なシーンもあった。

まだ改善すべき点は幾つかあるようですが、スクリーンショットや下記のトレイラーを見る限りかなりグロテスクでバイオレンスな内容となっているようです。本作が見た目やインパクトだけの作品となってしまわない事を祈ります。なお発売時期はハロウィンを予定しているとの事です。



(ソース: IGN, GameSpot, イメージ: IGN, ビデオ: YouTube)

(c) 2010 NAMCO BANDAI Games America Inc. All rights reserved.

【関連記事】
怪物が怪物をなぎ倒す!『Splatterhouse』最新独占トレイラー
懐かしのアクションも楽しめる!新作『Splatterhouse』には旧作3タイトルを収録
相変わらずバイオレンス!『Splatterhouse』最新スクリーンショット
Globe Shoesとのコラボ商品も!『Splatterhouse』の最新スクリーンショットが公開
発売は2010年Q3。『Splatterhouse』最新スクリーンショットが公開
開発チーム変更などのゴタゴタが影響? 『Splatterhouse』の発売が2010年に延期
殺戮のスプラッターアクションが炸裂!『Splatterhouse』NYCC最新トレイラー
愛しのジェニファーよもう一度…『Splatterhouse』最新作のトレイラー動画が初公開
マッチョでバイオレンスな『Splatterhouse』最新ショット
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4版『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』PS Plus向けに100円で提供!

    PS4版『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』PS Plus向けに100円で提供!

  2. PS4向け動画アプリ「DMM.com」がPSVRに対応、約1200タイトルが視聴可能

    PS4向け動画アプリ「DMM.com」がPSVRに対応、約1200タイトルが視聴可能

  3. 『GRAVITY DAZE 2』DL版セールが4月27日に開始―『ニーアオートマタ』コスDLCも同日配信

    『GRAVITY DAZE 2』DL版セールが4月27日に開始―『ニーアオートマタ』コスDLCも同日配信

  4. 少女たちを監視する実写ADV『ナイトトラップ』PS4/XB1向けに海外で発売決定

  5. 『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』国内向けストーリートレイラー公開

  6. 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』公式サイト&新トレーラーが公開、壁紙の配布なども実施

  7. E3 2017で『スプラトゥーン2』トーナメント大会が開催決定

  8. クラシックスタイルを披露する『ソニックフォース』海外最新プレイ映像!

  9. PS4/PC『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』配信開始!―不可解な死を遂げた一族の追憶を体験

  10. 1人称SFアクション『PREY』インプレ―創意工夫で生き残る感覚は、まるで“サンドボックス”

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top