Kinectの製造コストは150ドル−販売関係者が情報提供 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kinectの製造コストは150ドル−販売関係者が情報提供

Microsoftから正式な小売価格は発表されていないものの、海外大手小売店では単品で149ドルの値札が付けられていた新型モーションカメラKinect。業界情報サイトDevelopによると、Kinectの製造コストは150ドルに及ぶそうです。

家庭用ゲーム Xbox360
Microsoftから正式な小売価格は発表されていないものの、海外大手小売店では単品で149ドルの値札が付けられていた新型モーションカメラKinect。業界情報サイトDevelopが、高い地位の信頼できるソースから得た新たな情報によると、Kinectの製造コストは150ドルに及び、その費用が情報提供者の社内でも心配の種となっているようです。

この報道について、Microsoftは「噂や憶測にはコメントしません」と声明を発表。

Kinectの正式な販売価格は、8月のgamescomなど別のイベントでの発表が予想されます。(ソース: Develop: Source pins Kinect manufacturing costs to $150)


【関連記事】
MicrosoftのQ&Aシートで新型Xbox 360のKinectバンドルおよびアーケードバージョンを確認
Microsoft:Kinectの価格はgamescomで公式発表
E3 10: Kinectの北米リリース日が決定、ローンチタイトルは15種類
E3 10: GameStopでKinectの予約がスタート、単品価格は149ドルに
E3 10: 海外サイトにKinect発表イベントを撮影した動画が掲載
E3 10: Microsoft、Project Natalの正式名称『Kinect』をE3プレイベントにて公式確認
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』「炎の試練」 アップデート4配信―暗所でのライティング調整や手動リーンなど

    『バトルフィールドV』「炎の試練」 アップデート4配信―暗所でのライティング調整や手動リーンなど

  2. 『Dead by Daylight』3周年記念ライブストリーム予告映像―貴重なプロトタイプもチラリ

    『Dead by Daylight』3周年記念ライブストリーム予告映像―貴重なプロトタイプもチラリ

  3. 『スーパーロボット大戦T』「アップデートVer.1.03」&有料DLC「周回プレイ支援パック」配信開始!周回プレイが更にアツく、快適に

    『スーパーロボット大戦T』「アップデートVer.1.03」&有料DLC「周回プレイ支援パック」配信開始!周回プレイが更にアツく、快適に

  4. 『荒野行動』PS4版が発表!リリース時期などは未定

  5. スイッチ『スーパーリアル麻雀PVI』23年の時を経て復刻リリース─便利なガイド機能やミニゲーム「搾乳でポン」も搭載

  6. アクションRPG『イモータル:アンチェインド』ゲームプレイトレイラー!ハードコアな戦場を戦い抜け

  7. PS4/スイッチ版『アサシン クリードIII リマスター』発売開始!各種DLCや『レディ リバティ』も収録

  8. ダーク戦国アクションRPG『仁王2』のクローズドアルファが海外で近日実施!プレイシーン収めた映像も

  9. 新感覚VRゲーム音ゲー『Beat Saber』正式版配信開始!PC版にはレベルエディター実装

  10. 『エースコンバット7』DLC第1弾配信開始!ADF-11F「レーベン」がUAVで獲物を喰らうトレイラーも

アクセスランキングをもっと見る

1
page top