海外レビューハイスコア 『Limbo』(XBLA) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Limbo』(XBLA)

Xbox 360のSummer of arcade 2010タイトル第一弾として、日本でも無事に配信された Limbo 。モノトーンビジュアルが印象的な本作は、今夏のXbox Live アーケードを飾る一本としてだけでなく、これまでのXBLAでも一、二を争う評価でデビューしました。

家庭用ゲーム Xbox360

Joystiq: 10/10
考えるに、Limboの実際の意味は旅そのものにあると思う。感覚的に、Out of This WorldやオリジナルのPrince of Persiaを思い出させる。あなたをここではないどこかへ連れて行き、あなたではない別の人間の靴を履かせるということ。暗くて不穏、しかし不気味に美しい。Limboは探検するに値する世界だ。

Games Radar: 10/10
もしクレバーなゲームデザイン、インテリジェントなホラー、あるいは十分に発揮された芸術的手腕をお好みなら、あなたは本当にLimboをプレイしなければならない。これはほぼ完璧に近い純潔のプロダクト。長期にわたってあなたをここにとどめておくはず。明かりを消して、気が散る要素を全て排除して、独りでプレイしてほしい。Xboxの通知をOFFにすることも忘れずに。なぜなら、Limboはあなたの全ての意識を注ぐに値し、始めから終わりまでそれに報いてくれるのだから。

GameSpot: 9.0/10
思慮深いパズル、胸を打たれる美観。Limboはあなたが体験すべきセレブラル(脳)・アドベンチャーだ。
GOOD: ムーディーなモノトーン映像。エクセレントなサウンドデザイン。バラエティに富んだ思考パズル。セカンドプレイに報いる隠し要素。
BAD: 突然のエンディング。

Telegraph: 9.0/10
Limboは無邪気に撞着語法を扱うゲームだ。“ひどい美しさ”は“ぞっとするようなユーモア”を創りだす。Limboに迷い込んだとき、境目は見えなくなり闇と光の魅力的なブレンドで洗い流されてしまう。終幕には残酷な現実が待っているが、スタッフロールが止んだ数分後には、あなたは“Start New Game”に手を伸ばしているはずだ。Limboはあらゆる面でトライ・アゲインをあなたにもたらす――それはこの“畏怖さるべき輝き”における重要な部分なのだ。

GameTrailers: 8.3/10


Xbox 360のSummer of arcade 2010タイトル第一弾として、日本でも無事に配信されたLimbo。モノトーンビジュアルが印象的な本作は、今夏のXbox Live アーケードを飾る一本としてだけでなく、これまでのXBLAでも一、二を争う評価でデビューしました。

「白黒の濃淡で描かれた舞台は、美しさと狂気が同居した世界。その独特な世界観は、哲学的な考えを抱くほどです。この幻想的な世界を探索し、妹を捜し出しましょう」(Xbox.com)。白と黒、美しさと狂気。撞着語法をゲームに持ち込み、哲学や幻想的世界といったタームを呼びこんだ本作。開発のPlaydeadはデンマークにあるインディペンデントスタジオ。業界色に染まっていない新興スタジオから、どちらかといえばアート系ゲームと分類されるLimboは生まれました。

レビュースコアにおいて、そのスタイル/ジャンルという点で近い部分もあるBraidと最高評価を競っているというのは偶然なのか、それともこういう作品への評価が高くなりやすいのか、いずれにせよXBLAにおけるマストといえる出来のLimbo。1200MSPがずらりとならぶSummer of arcadeで、Limboをスルーしようと思っていた人も再考の余地があるかもしれません。ぜひ部屋を真っ暗にして、Xboxの通知をOFFにして、部屋を閉め切って、誰にも邪魔されず一人でプレイしてみたいですね。

(ソース: Metacritic)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CoD:BO4』ソフトウェアバージョン1.03配信開始!各種修正にリーダーボード実装も

    『CoD:BO4』ソフトウェアバージョン1.03配信開始!各種修正にリーダーボード実装も

  2. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』オッカムル島での採掘に関する情報が公開―あらくれを導いて鉱石をガッポリ入手!

    『ドラゴンクエストビルダーズ2』オッカムル島での採掘に関する情報が公開―あらくれを導いて鉱石をガッポリ入手!

  3. ベータ開始目前の『Fallout 76』海外向けにコメントが告知―幾つもの「問題」発生に備える文言も

    ベータ開始目前の『Fallout 76』海外向けにコメントが告知―幾つもの「問題」発生に備える文言も

  4. 11月開催の海外イベント「XO18」にて『Crackdown 3』がプレイアブル出展へ―正式発表から約4年

  5. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  6. 『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

  7. くっきーの怪演に注目!『Fallout 76』野生爆弾が独特の雰囲気を醸し出すスペシャル映像

  8. 異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

  9. 激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

  10. 『フォートナイト』公式Twitterが画像とともに奇妙な詩を投稿―ハロウィンテーマのイベントに関係か

アクセスランキングをもっと見る

page top