プクプク(魚)にチョコボ(鳥肉)…「食材としてのゲームキャラクター」アート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プクプク(魚)にチョコボ(鳥肉)…「食材としてのゲームキャラクター」アート

ゲーム文化 カルチャー

『PIXEL PUSHERS ―8ビットデジタルメディアの探求―』というアートイベントが来月L.A.で行われるそうですが、以下のアートは、そのイベントに向けて、イラストレーター/デザイナーのJude Buffum氏が用意したもの。氏は自身のブログで画像を公開、イベントに向けて「ビデオゲームの世界における“肉食”の探求を行うことに決めた」「これはその探求の副産物」と話しています。「私は肉を食べるけど、友人や恋人にはベジタリアンやビーガン(肉・魚だけでなく乳製品・卵も食べない人)がたくさんいる」といったことが制作の動機となったようです。

なかなかおもしろそうなPIXEL PUSHERS。横シューティングをモチーフにしたアートも魅力的です。……と、前置きを長くしたのは、Jude Buffum氏のアート「食材としてのゲームキャラクター」がかなり刺激的なものであるため。サムネイルで拒否反応をしめした方は見るのを控えた方が良いかもしれません。それではどうぞ。













キャラクターとしての生物に対しこうした見方をすることはふだん無いと思いますが、プクプクやゲッソーならなんとかOKでも、ヨッシーやチョコボはエグイと感じてしまうのはなぜか? 生肉を狩られていくモンスターたちと彼らはどう違うのか? このあたりもいろいろ考察できそうです。(ソース: judebuffum.wordpress.com via Halolz)


【関連記事】




《Kako》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  2. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

    『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  3. 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

    核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

  4. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 【特集】日本のe-Sportsシーンと『LoL』の向かう先―ライアットゲームズ齋藤Dインタビュー

  7. ロンドン博物館、『マインクラフト』で過去に起こった大火を再現

  8. 海外で『ペルソナ5』「戦闘メニューコラージュ」が流行の兆し

  9. 無人島でサバイバル生活!『Stranded Deep』がSteam早期アクセスで配信開始

  10. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top