米カーネギーメロン大学教授がPS3ハッカーを支持、Jailbreakを大学のサーバーに転載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米カーネギーメロン大学教授がPS3ハッカーを支持、Jailbreakを大学のサーバーに転載

家庭用ゲーム PS3

遂に訴訟へと発展したPS3ハック問題ですが、ソニーから差し止め命令を受けたハッカーを支持する新たな動きが出ているようです。

米国カーネギーメロン大学コンピューターサイエンス科のDavid S. Touretzky研究教授は、今回のSCEAが起こした訴訟が、言論の自由あるいはコンピューティングの自由を抑圧しているとの抗議文を発表。ソニーの取った行動は「あぜんとするほど愚か」で「空に向かって唾を吐くのに等しい」などと批判しています。

更に同教授は、ソニーの関係者に理解を求める目的で、ハッカーのGeorge Hotzが一時撤去していたウェブサイトGeohot.comやJailbreakの関連ファイルを大学のサーバーにアップロード。但し、これらの行為はカーネギーメロン大学を代表したものではなく、あくまで自分自身や同僚の教授の考えに基づいたものとのこと。

一方別の海外サイトの報告によれば、ドイツのハッカーグループfailOverflowが、ソニーの訴訟を受け、PS3のセキュリティーを回避しカスタムファームウェアを起動させる全てのハッキングツールをリリースした模様。「ソニーのソフトウェアやキーを一切含まない合法的なツール」であると主張し、「箱から出たパンドラを元に戻すことはできない」と宣言しているそうです。

今後こうした動きについてSCEAがどう対応していくかが見守られます。(ソース: Edge: US University Mirrors PS3 Jailbreak Files, AOTF: Hackers respond to lawsuit, release all tools to public)


【関連記事】
ソニーがGeohotを訴訟、一時的差し止め命令発行へ−PS3ハック問題
ソニー、PS3のハック問題に関して正式にコメントを発表
不正ツールを使用したPS3はソニーが機能を停止させることも可能−海外サイト報道
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

    スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

  2. 『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

    『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

  3. スクウェア・エニックス新作ロボゲー『LEFT ALIVE』が発表!【UPDATE】

    スクウェア・エニックス新作ロボゲー『LEFT ALIVE』が発表!【UPDATE】

  4. 「バーチャロン」最新作『とある魔術の電脳戦機』は2018年2月15日に発売、最新PVも到着!【UPDATE】

  5. PS4版『ドラゴンズクラウン・プロ』発表!PS3/PS Vitaとのクロスプレイにも対応

  6. リメイクPS4版『ワンダと巨像』最新映像!戦うほどに哀しくなる物語、再び

  7. PS4『北斗が如く』2018年2月22日発売!世紀末プレミアムエディションも発表【UPDATE】

  8. 『モンスターハンター:ワールド』モデルのPS4 Proが数量限定で12月7日より発売決定

  9. PS VR『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』発表!開発はコナミ/Cygames【UPDATE】

  10. 『モンスターハンター:ワールド』発売日決定!2018年1月26日狩猟解禁!

アクセスランキングをもっと見る

page top