『Resident Evil: Operation Raccoon City』の雑誌カバーアートが掲載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Resident Evil: Operation Raccoon City』の雑誌カバーアートが掲載

家庭用ゲーム Xbox360



Official Xbox Magazine最新号の内容から遂にその存在が明らかになったバイオハザードのスピンオフ新作タイトルResident Evil: Operation Raccoon City。海外サイトにて同雑誌のカバーアートが掲載されています。プレイヤーが操ることになるU.S.S.(アンブレラ特殊部隊)のメンバーを描いたもので、「あのホラーシリーズが邪悪な新スピンを引っさげて帰ってきた」とのキャッチコピーも記載。噂情報によると本作にはVector、Beltway、Bertha、Spectreという4人のキャラクターが用意されるそうですが、このアートワークはその中の一人なのかもしれません。(ソース&イメージ: GameRanx)

【関連記事】
海外開発の新作バイオ『RE: Operation Raccoon City』の初ディテール
新作バイオハザード『Resident Evil: Raccoon City』の噂再び
噂: 海外スタジオがチームベースの新作『バイオハザード』を開発中
フランス版OPMに新作ゾンビゲームの予告、噂の『バイオ』新作か
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 日本語版『UNDERTALE』のゲーム説明が再注目―スケルトンとデートできちゃう!あ、それはどうでもいいかも…

    日本語版『UNDERTALE』のゲーム説明が再注目―スケルトンとデートできちゃう!あ、それはどうでもいいかも…

  2. 【特集】『World of Tanks Console』に実装される「War Stories」の魅力とは―奥深きCo-op対応PvEキャンペーン

    【特集】『World of Tanks Console』に実装される「War Stories」の魅力とは―奥深きCo-op対応PvEキャンペーン

  3. 『シェンムーIII』のパブリッシングはDeep Silverが担当―全世界のリリースをカバー

    『シェンムーIII』のパブリッシングはDeep Silverが担当―全世界のリリースをカバー

  4. 『モンスターハンター:ワールド』「TGS2017」へ出展決定、試遊チケットとTGS入場券が当たるプレゼントキャンペーンも!

  5. 『サイコブレイク2』吹替トレイラー!人間の怪物「ステファノ」とは

  6. XB1/Win10『Crackdown 3』の発売が延期―「適切なクオリティを適切なタイミングで」

  7. 「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」に小島よしお氏がスペシャルゲストで登場

  8. 『XCOM 2』新拡張「選ばれし者の戦い」のPS4/XB1版が発売延期に

  9. 【8/17更新】『ドラゴンボール ファイターズ』対象機種や登場キャラクターは?現時点の情報まとめ

  10. 日本語版『ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン』ハンズオンー最高に自由度の高い暗殺! こだわりのローカライズも

アクセスランキングをもっと見る

page top