ドイツで『Gears of War 3』が無規制で承認、同国での発売はシリーズ初 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツで『Gears of War 3』が無規制で承認、同国での発売はシリーズ初

Eurogamerドイツ版などの報道によると、Epic Gamesの新作シューターGears of War 3が、ドイツ連邦青少年有害メディア審査会(BPjM)の承認を通過し、同国内で無規制で発売されることが決まったそうです。

家庭用ゲーム Xbox360
Eurogamerドイツ版などの報道によると、Epic Gamesの新作シューター『Gears of War 3』が、ドイツ連邦青少年有害メディア審査会(BPjM)の承認を得て、同国内で無規制で発売されることが決まったそうです。

Gears of Warのシリーズ前2作は、同団体によってマスコミ報道や宣伝を禁止(但し成人の希望者のみに販売可)する“リストA”に指定されており、パブリッシャーのMicrosoftが発売を断念していました。

『Gears of War 3』はドイツにおいて18歳以上のユーザーを対象にシリーズで初めて発売されることになり、血の色が赤から緑に変更されるといった表現規制もなくノーカットでゲームを楽しむことができる模様です。

余談ですが、『Gears of War 3』は日本でもレーティングZ指定で発売が決まっており、CEROの倫理規定が定める「禁止表現」に従い、身体の分離・欠損表現における切断面描写、ミートシールド時の分離欠損描写、一部の処刑モーションにおける分離欠損描写、ヘッドショットによる頭部欠損描写といった変更が加えられています。(ソース: VG247, Eurogamer)


【関連記事】
開発段階の『Gears of War 3』が流出、Microsoft側は法的措置の構え
タレットやバリアの姿も!『Gears of War 3』Beastモードのゲームプレイ映像
日本マイクロソフト、『Gears of War 3』の国内製品ラインアップを発表
SEGA、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念
ドイツ版『Call of Duty: Modern Warfare 2』ではあの民間人襲撃シーンに一部変更が
「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表
ハロウィンとともに狩猟解禁…『Manhunt 2』アメリカで無事発売へ
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』v9.40アップデート内容が公開―「タクティカルショットガン」エピック/レジェンド登場

    『フォートナイト』v9.40アップデート内容が公開―「タクティカルショットガン」エピック/レジェンド登場

  2. 『アサシン クリード オデッセイ』最後のエピソードDLC「アトランティスの裁き」が配信開始

    『アサシン クリード オデッセイ』最後のエピソードDLC「アトランティスの裁き」が配信開始

  3. ニンテンドースイッチ、バッテリー持続時間が向上した新モデルが登場─持続時間は4.5~9時間、価格は据え置き

    ニンテンドースイッチ、バッテリー持続時間が向上した新モデルが登場─持続時間は4.5~9時間、価格は据え置き

  4. ニューゲーム+やアークのチュートリアルスキップなど『RAGE 2』大型アップデート第2弾が告知

  5. 『オーバーウォッチ』真夏の祭典「サマー・ゲーム2019」が開幕―勝利でスキンが手に入る「ウィークリーチャレンジ」も実装

  6. ゾンビサバイバル『DayZ』のこれから―Modサポートや建築など

  7. 『Apex Legends』チート対策を一部紹介―「チーター・スパム同士をマッチメイク」「機械学習BAN」「二段階認証必須化」など

  8. 『Fallout 76』7月16日23時より新パッチ配信メンテナンス―低レベルキャラのサポート拡充など

  9. 新型「Nintendo Switch Lite」9月20日発売!携帯専用でテレビでのプレイは非対応

  10. 『レインボーシックス シージ』破片が窓やドアのバリケードに残ったままになる問題など、要望された修正の対応予定を更新

アクセスランキングをもっと見る

page top