DICE: 『Battlefield 3』には恐らくオンラインパスシステムが搭載される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

DICE: 『Battlefield 3』には恐らくオンラインパスシステムが搭載される

『Battlefield 3』へのインタビューではお馴染みとなってきたDICEのエグゼクティブプロデューサーPatrick Bach氏が、新たに本作のオンラインパスについて言及。オンラインパスは“恐らく”搭載されるであろうと発言し、その理由について説明しています。

PC Windows
Battlefield 3』に対するインタビューではお馴染みとなってきたDICEのエグゼクティブプロデューサーPatrick Bach氏ですが、新たに本作にはオンラインパスが搭載される可能性が高い事を海外サイトGamerzinesに対して明らかにしました。さらにその理由について説明しています。

Bach氏はまず、このシステムをオンラインパスでは無くバックエンド(ユーザーの見えない所でデータの処理や保存を行う事)と呼んで欲しいとコメント。ユーザーが新しいアカウントを作成すれば運営側にとってはサーバースペースやデータを管理していく大きなプロセスが生じ、パブリッシャーにほとんど利益のない中古ゲームでは、上記の費用が負担にしかならないとしています。

また同氏はインタビュー中、ユーザーには中古よりも新品のゲームを買って欲しいと訴え、最後には「願わくば皆にわかって欲しい。皆を不当に扱っている訳では無い。我々にとってこれは対価なんです」とも発言。オンラインパスの必要性について理解を求めています。
(Gamerzines via CVG , VG247)


【関連記事】
Game*Sparkリサーチ『オンラインパスについてどう思いますか』結果発表
Ubisoftがオンラインパス“Uplay Passport”を公式発表、独占コンテンツも提供
長く遊べそうなのは新品で…「ゲームを(中古ではなく)新品で買う理由」海外調査結果
Treyarch社長: 『Call of Duty: Black Ops』の中古対策は“強力なマルチプレイヤー”
EA、新作スポーツタイトルに中古対策のオンラインパスを同梱
《tobiuo》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

    オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

  2. 架空ソ連FPS『Atomic Heart』は日本語ボイスにも対応!台北ゲームショウ2023にて明らかに

    架空ソ連FPS『Atomic Heart』は日本語ボイスにも対応!台北ゲームショウ2023にて明らかに

  3. 『FF14』「絶オメガ検証戦」新たなクリアチームが現れるも手放しでの称賛に躊躇の声…同チームは以前ツール禁止明言のきっかけにも

    『FF14』「絶オメガ検証戦」新たなクリアチームが現れるも手放しでの称賛に躊躇の声…同チームは以前ツール禁止明言のきっかけにも

  4. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

  5. 『FF14』高難度コンテンツ「絶オメガ検証戦」最速クリアチーム現るも、外部ツール使用か?内部告発と思われる動画が浮上【UPDATE】

  6. 『CoD:ウォーゾーン2.0』新シーズンで追加の日本マップ「アシカアイランド」発表!古城や日本語看板の観光センターなど気になる拠点満載

  7. 戦闘がより残酷で肉体的に!『ダイイングライト2』今後のアプデ内容が発表―DLC第2弾の予告も

  8. ブラボ風ACT 『Estencel』有志の日本人翻訳協力者を得てローカライズ改善アップデート実施

  9. 新作ダークファンタジー・アクションRPG『ザ ロード オブ ザ フォールン』最新スクリーンショット公開!

  10. 発売迫る『ホグワーツ・レガシー』ローンチトレイラー!秘密の眠る魔法界での大冒険に飛び込もう

アクセスランキングをもっと見る

page top