Runic: 『Torchlight II』はXBLAのメモリ制限に対して大きすぎる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Runic: 『Torchlight II』はXBLAのメモリ制限に対して大きすぎる

デベロッパーのRunic Gamesは、現在PC向けに開発を進める新作ディアブロクローン『Torchlight II』が、Xbox LIVE アーケードでリリースするには容量が大きすぎるとの見解を明らかにしました。

PC Windows
デベロッパーのRunic Gamesは、現在PC向けに開発を進める新作ディアブロクローン『Torchlight II』が、Xbox LIVE アーケードでリリースするには容量が大きすぎるとの見解を明らかにしました。

同スタジオのCEO Max Schaefer氏がEurogamerに説明した内容をまとめると、前作『Torchlight』はかろうじてMicrosoftの規定する容量制限に収まったそうですが、マルチプレイ、野外エリア、複数の都市といった多数の新要素を持つ『Torchlight II』は、XBLAのメモリ制限に到底見合わない内容となるため、直接的な移植ではなく大幅な再設計が求められるだろうとのこと。

従って現在はPCバージョンのみにフォーカスして開発を行い、その後はMacへの移植に取り掛かる計画。しかしSchaefer氏は、前作『Torchlight』のXBLA版が大きな成功を収めた点を挙げ、続編のコンソール移植を何らかの形で実現させたい意向を示し、XBLAではなくフルパッケージとしての発売も検討したいと述べています。(ソース: Eurogamer: Torchlight 2 is too big for XBLA )


【関連記事】
E3 11: アクションRPG最新作『Torchlight 2』最新トレイラー&スクリーンショット
アクションRPG続編『Torchlight 2』の配信日が約一ヶ月の延期
マルチプレイモード搭載の『Torchlight II』デビュートレイラー
協力プレイに対応!ディアブロ風アクションRPG続編『Torchlight II』がアナウンス
『Torchlight』の全機種累計セールスが100万本を突破
XBLA版『Torchlight』がRunic Gamesの最高セールスを記録
『Torchlight』国内配信中止の理由が明らかに。Microsoftから謝罪も
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

    2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

  2. 『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

    『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

  3. 最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

    最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

  4. 三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

  5. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』第4弾アプデ配信!イヴェルカーナら追加、バランス調整含む「パッチノート」も公開

  7. 『フォートナイト』で『ウィッチャー』のゲラルトが獲得できるバトルパスクエスト遂に解禁

  8. 『Dwarf Fortress』有料版発売から2カ月で売上60万本突破―有名ドワーフ生活シム

  9. 日本語吹き替え対応か?ハリポタRPG『ホグワーツ・レガシー』Steam版の対応言語表に記載が

  10. 『ブレイブルー』がメトロイドヴァニアになってSteamに登場!2DローグライトACT『Blazblue Entropy Effect』ストアページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top