FPSの代名詞『DOOM』がXBLAで再リリース、日本やドイツでも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

FPSの代名詞『DOOM』がXBLAで再リリース、日本やドイツでも

Bethesdaは、id Softwareの伝説的Sci-Fi FPSである初代『DOOM』を、日本や先日発禁が解除されたドイツを含む全世界のXbox LIVE アーケードで再リリースしたと発表しました。1993年に登場した本作は今やFPSジャンルを代表する名作のひとつ。

家庭用ゲーム Xbox360

Bethesdaは、id Softwareの伝説的Sci-Fi FPSである初代『DOOM』を、日本や先日発禁が解除されたドイツを含む全世界のXbox LIVE アーケードで本日再リリースしたと発表しました。

1993年に登場した『DOOM』は今やファーストパーソンシューティングジャンルを代表する名作のひとつ。本作は数年前にも海外XBLAで配信されていましたが、2010年に著作権の期限が切れた関係でBehtesdaが発売を一時中止していました。

尚、『DOOM』の配信価格は400マイクロソフトポイントとなります。(ソース&イメージ: Bethesda Blog, Joystiq)

※UPDATE(2012/1/18 9:00): 再リリースに関する情報を加筆しました。


【関連記事】
John Carmack氏、『DOOM 3』のソースコードが公開間近である事を明かす
Bethesda、『Doom 4』無期限延期の噂を否定「全くのでたらめ」
『DOOM』と『DOOM 2』が18年の時を経てドイツのレーティングを通過
動画:おれの家で惰眠を貪るのなら、おまえは『Doom』されるだろう
『人物で振り返るFPSの歴史(2)』
id Software CEO『Doom 4』の詳細を一部明らかに。マルチプラットフォームについても語る
id Softwareの主力シリーズが四年の沈黙を破って始動!『Doom 4』制作発表
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  2. 『エースコンバット7』スペシャルステージレポ―脚本の片渕監督ら豪華ゲストが登壇【TGS2018】

    『エースコンバット7』スペシャルステージレポ―脚本の片渕監督ら豪華ゲストが登壇【TGS2018】

  3. 『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

    『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

  4. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 『フォートナイト』二段階認証を設定で新エモート「ブギウギ」が入手可能に

  7. 襲いくる世界と主人公の一日を収めた新映像も…!『Days Gone』メディアセッション【TGS2018】

  8. 『Dead by Daylight』今後の日本展開や新DLCについて訊いたディレクターインタビュー!【TGS2018】

  9. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  10. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top