『バイオハザード リベレーションズ』の北米版パッケージに誤植【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バイオハザード リベレーションズ』の北米版パッケージに誤植【UPDATE】

日本と欧州では今週リリース、北米でも2月7日に発売となる3DSの『バイオハザード リベレーションズ(Resident Evil: Revelations)』。本作の北米版パッケージに誤植があることが分かりました。

ニュース 最新ニュース

日本と欧州では今週リリース、北米でも2月7日に発売となる3DSの『バイオハザード リベレーションズ(Resident Evil: Revelations)』。本作の北米版パッケージに誤植があることが分かりました。これは米国のプレス関係者が受け取ったパッケージから確認されたもので、Twitterに投稿された上の写真でも確認できるように、側面のタイトル名が「Resident Evil: Revelaitons(リベレイトンズ)」と誤って記載されています。発売日までの僅かな時間で修正を行うのは考えにくい、との指摘もある中、カプコンUSAからの対応が待たれます。(ソース&イメージ: Twitter @danackerman, Eurogamer)

※UPDATE: カプコンの海外担当者Christian Svensson氏が公式フォーラムで伝えた内容によると、誤植があったのは生産工程における一部と認識しているとのこと。発売が近付いた頃に続報があるだろうと言われています。


【関連記事】
海外誌に『バイオハザード リベレーションズ』の初レビューが掲載
『BIOHAZARD REVELATIONS』の海外発売日が決定、不気味なカバーアートも
クリスのストーリーを描く『BIOHAZARD REVELATIONS』最新トレイラー
どれがお好み?ハプニングの末に、3種類から選べちゃう海外版『大神』ボックスアート
数ヶ月内に体験版も配信『バイオハザード6』の更なる確定&噂情報まとめ
『バイオ オペレーション・ラクーンシティ』PC版はダウンロード販売のみに
『DmC』は『ベヨネッタ』と真っ向から競合する−カプコンUSAプロデューサー
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  2. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  3. 『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

    『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

  4. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  5. 「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

  6. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  7. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  8. もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願

  9. 『FF7 リメイク』がSteamにも登場か? データベースサイトにタイトルの登録が確認される

  10. Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

アクセスランキングをもっと見る

page top