目だけで操作する世界初のゲームがロンドン娯楽施設に設置 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

目だけで操作する世界初のゲームがロンドン娯楽施設に設置

ニュース 最新ニュース


プレイヤーの目だけで操作可能な世界初のアーケードマシンとして昨年末に発表された『EyeAsteroids』が、今月17日までロンドンの娯楽施設Trocaderoに設置されるそうです。

日本にも支部があるTobii Technologyが開発した『EyeAsteroids』は、角膜反射や眼球運動計測などを応用した同社のアイトラッキング技術によるシューティングゲームで、プレイヤーは画面を見つめることでビームを発射し、飛来する隕石を破壊して地球を守るのが目的。

Tobiiは『EyeAsteroids』の筐体を50台用意し、1台あたりの価格は1万5,000ドル程度になるとのこと。現在は欧米を股にかけたロケテストが実施中で、先月ラスベガスで開催されたCES 2012でも展示されています。


(ソース&イメージ: Tobii, Eurogamer)


【関連記事】
世界初、Kinect対応3Dセックスゲームの技術デモ映像が公開
CES 12: 任天堂が新たに紹介したWii Uの『パノラマ・ビュー』デモ
CES 12: タッチや傾きセンサーも。PS Vita版『LittleBigPlanet』直撮りプレイ動画
CES 12: テーブルが競技場に! ARサッカーゲーム『Table Football』実演映像
CES 12: Windows向けKinectが2月1日に発売、『Microsoft Flight』などに対応へ
Blu-ray対応、中古対策、新型Kinect… Xbox後継機の更なる噂
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  5. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  6. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  7. PC版『レインボーシックス シージ』海外イベントで日韓対決実現!「eiNs」が挑む

  8. 『Rust』Steam返金の総利用数は約32万本、総額約440万ドル(約4.9億円)に

  9. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  10. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

アクセスランキングをもっと見る

page top