『Torchlight』開発RunicのCEO「全てのリテールゲームは焼き殺すべき」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Torchlight』開発RunicのCEO「全てのリテールゲームは焼き殺すべき」

2009年にアクションRPG『Torchlight』を発売し成功を収め、現在は続編となる『Torchlight 2』を開発中のRunic Gamesですが、同社のCEO Max Schaefer氏がやや過激ともとれるリテール版に対する意見を、Gaming Nexusのインタビュー中にて答えています。

ニュース 最新ニュース
2009年にアクションRPG『Torchlight』を発売し成功を収め、現在は続編となる『Torchlight 2』を開発中のRunic Gamesですが、同社のCEO Max Schaefer氏がやや過激ともとれるリテール版に対する意見を、Gaming Nexusのインタビュー中にて答えています。

「業界的な観点では2012年最も何が楽しみですか?2012年に業界はより何をしなければなりませんか?」という質問に対し、Schaefer氏は「これは問題になるだろうが」と前置きした上で、「ボックスとディスクの終焉を心待ちにしている」とコメント。「全部焼き殺すべきだと私は思う。小売市場は開発者を飢えさせ、利用できるゲームの幅を狭めたという歴史を持っている」と述べ、革新的な価格設定とビジネスモデルを持つ、Steamのようなサービスをみな利用すべきだと主張しました。

Schaefer氏は『Diablo II』や『Warcraft III』を生み出した今は亡きBlizzard North、またFlagship Studiosの創設者。2008年にRunic Gamesを設立し、第1弾タイトルとして初代『Torchilight』をPC/Mac/Xbox LIVE アーケード向けにデジタル配信しています。
(ソース: Runic Games)


【関連記事】
ベータテスト実施のため『Torchlight II』の発売が2012年まで延期
『Torchlight II』の価格が20ドルに決定!4番目のクラスも発表
Runic: 『Torchlight II』はXBLAのメモリ制限に対して大きすぎる
『Torchlight』の全機種累計セールスが100万本を突破
E3 11: アクションRPG最新作『Torchlight 2』最新トレイラー&スクリーンショット
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』欧州でのパブリッシングはバンダイナムコが担当

    『サイバーパンク2077』欧州でのパブリッシングはバンダイナムコが担当

  2. 『フォートナイト』最新V6.10パッチノート!新ビークル「クアッドクラッシャー」やゲーム内トーナメント実装

    『フォートナイト』最新V6.10パッチノート!新ビークル「クアッドクラッシャー」やゲーム内トーナメント実装

  3. サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

    サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

  4. CDPRが『ウィッチャー』シリーズ11周年記念イベントを開始ーまずは11日間に渡りシリーズ豆知識を公開

  5. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  6. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

  9. 爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top