Kickstarterプロジェクト『Mythic』に詐欺の疑い、企画が突然中止に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kickstarterプロジェクト『Mythic』に詐欺の疑い、企画が突然中止に

PC Windows

開発者がファンから直接資金を募る新たなクラウドファンディングとしてゲームの分野でも度々話題に上るようになったKickstarter。この中で実施されたプロジェクトの1つに詐欺の疑いが持ち上がっているようです。

問題となったのは、Little Monster Productionsなるスタジオが企画した『Mythic: The Story of Gods and Men』のKickstarterプロジェクト。元Blizzardのチームが開発する『WoW』や『Skyrim』に匹敵するオープンワールドのファンタジーRPGで、アニメーションや音楽をDisney/Pixarが手がけるなどと、プロジェクト概要には大掛かりな宣伝文が記載。



『Mythic』はプロジェクト実現に必要な目標金額を8万ドルに定めて先月より募金がスタート、83人から4,739ドルの資金が集まっていましたが、3日前に突然企画が中止に。海外フォーラムユーザーの調べで、アートワークやコンセプトをネット上の別の作品から盗用してることが明らかになり、最初から詐欺目的で企画が行われた疑いが持たれています。

Little Monster Productionsの担当者はアセットの盗用や詐欺の疑いをKickstarterのコメント欄で否定したものの、その後アカウントを削除。現在は開発スタジオ自体が実在したのかも訝しまれています。

尚、集まった4,739ドルの募金は、プロジェクトが目標金額に達していないため、実際に支払われるということはないそうです。(ソース: Kickstarter via Eurogamer, Joystiq)


【関連記事】
『Police Warfare』のKickstarter企画が突然の中止を発表
Game*Sparkリサーチ『Kickstarterについてどう思いますか』結果発表
Kickstarterキャンペーンも始動した『Ravaged』のティーザートレイラーが公開
『Shadowrun Returns』のKickstarterが28時間で目標金額を達成!
海外メーカーがJRPGのローカライズを目指すKickstarterを実施
『Fallout: New Vegas』のObsidianがKickstarter企画を開始
『Wasteland 2』の開発資金を募る募金が48時間で目標金額達成
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』E3デモのPCスペックが判明!i7 8700KにGEFORCE GTX1080Tiなど

    『サイバーパンク2077』E3デモのPCスペックが判明!i7 8700KにGEFORCE GTX1080Tiなど

  2. Steam版『二ノ国II レヴァナントキングダム』が40%オフで配信中!―6月21日まで

    Steam版『二ノ国II レヴァナントキングダム』が40%オフで配信中!―6月21日まで

  3. 対戦FPS『Quake Champions』無料配布期間が延長!海外時間で6月25日まで受け取り可能に

    対戦FPS『Quake Champions』無料配布期間が延長!海外時間で6月25日まで受け取り可能に

  4. ぐでぐで物理パズルアクション『Human: Fall Flat』のSteam版が日本語に対応

  5. e-Sportsマネジメントシム『ESport Manager』配信開始ーFPS/MOBAチームでリーグ優勝を目指せ!

  6. 初代プレステ風の実験的ホラー『OK/NORMAL』配信開始! ちぐはぐな夢の世界を彷徨う…

  7. リズムアクション『GROOVE COASTER』Steam版発売日決定!ストアページも公開に

  8. 『フォートナイト』v4.4アップデート詳細―スティングボムや期間限定「チームバトル20」実装

  9. 辺境惑星開拓ストラテジー『RimWorld』バージョン1.0のテスト公開が開始、64bitにも対応か

  10. ロボACTシリーズ新作『MechWarrior 5: Mercenaries』2019年に延期―正確な発売日は12月に発表

アクセスランキングをもっと見る

page top