「カプコンは小野を働かせすぎ」小野氏が3月の病院事件の真相を海外サイトに告白 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「カプコンは小野を働かせすぎ」小野氏が3月の病院事件の真相を海外サイトに告白

発売直後だった『ストクロ』の公式ブログなどでも伝えられた、カプコン小野 義徳プロデューサーが倒れこみ、病院に担ぎ込まれたという3月の事件。海外サイトEurogamerのインタビューにて、小野氏自らが冗談を交えながらこの騒動の真相を明らかにしています。

ニュース 最新ニュース
発売直後だった『ストクロ』の公式ブログなどでも伝えられた、カプコン小野 義徳プロデューサーが倒れこみ、病院に担ぎ込まれたという3月の事件。海外サイトEurogamerのインタビューにて、小野氏自らがこの騒動の真相を明らかにしています。

小野氏によれば事件はバスルーム内にて起きたそうで、同氏がバスルームに入った際、なぜか異常な蒸気が立ち込み、それがどんどんと室内で上昇。蒸気の高さが頭上に達した際に、窒息したような状態となってしまい、気絶してタイルの上へと倒れてしまったそうです。小野の奥様が倒れた音を聞きつけ救急車を呼び、一命は取り留めたそうですが、医者の診察によれば、小野氏の血圧はマラソンを終えたばかりの人と同じような状態になっていたとのこと。

また小野氏は退院後の経緯について、「カプコンは自分が入院していることさえ認識してなかった」ともコメント。医者の指示でまる一週間、自宅療養して戻ってきた際、デスクに戻ると既にローマ行きのチケットが置かれており、「小野さんとても心配していたよ」と言う人々の手にスケジュールの詰まったタイムテーブル表が握られていたことも告白しています。

なおインタビュー中、小野氏はこのようなコメントも残しています。「カプコンは労働組合も労働者運動も許さない。不満を言ったら首にされるだろうね。君は僕のためにこのことを言わなければならない、OK?見出しにはこう書いて欲しいよ、“カプコンは小野を働かせすぎ”」
(ソース: Eurogamer via VG247)

【関連記事】
ローマでCaptivateが開幕、カプコン小野氏が新作発表を予告
『ストクロ』のXbox 360版専用キャラは実現せず−小野氏が明らかに
小野義徳氏と原田勝弘氏の真剣?バトルが再び勃発!
カプコン小野氏: 『Street Fighter vs. Mortal Kombat』は「言うは易く行うは難し」
SDCC 11: 小野氏と原田氏が『SF X 鉄拳』の登場権を巡ってリアル対決!
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

    『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  4. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  5. 祝!Sucker Punch25周年―GuerrillaやNaughty Dog、フィル・スペンサー氏からお祝いコメント

  6. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  7. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  8. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  9. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  10. まだまだ人気の『サイバーパンク2077』最高同接数が『ウィッチャー3』を越す―売上でも新作タイトルを押しのける

アクセスランキングをもっと見る

page top