iOSタイトル『Infinity Blade』シリーズはEpic Gamesで最も利益率の高いフランチャイズに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

iOSタイトル『Infinity Blade』シリーズはEpic Gamesで最も利益率の高いフランチャイズに

強力なGearsフランチャイズを有することで知られるEpic Gamesですが、CEOであるTim Sweeny氏が台北で開催されたGDCキーノートにて、同社で最も利益を生んだタイトルは『Infinity Blade』であることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
前作『Gears of War 3』が発売初週で300万本を売り上げたように、強力なGearsフランチャイズを有することで知られるEpic Gamesですが、同社で最も利益を生んだゲームは『Infinity Blade』であることを、CEOであるTim Sweeny氏が台北で開催されたGDCキーノートにて明らかにしました。

Sweeny氏は数年間の投資と収入の観点から見て、Epic Gamesにて最も利益をあげたタイトルは実際には『Infinity Blade』だと発言。明確な数値は明らかにされなかったものの、上記で挙げた『Gears of War』よりも収益をあげているとコメントしています。

『Infinity Blade』は2010年9月にiOS向けに配信されたタイトルで、続編として昨年配信された『Infinity Blade II』と共にレビュー集積サイトMetacriticにて高い評価(初代 8.7/10 II 8.9/10)を獲得。今年1月にはシリーズ累計で3,000万ドルものセールスを記録していたことが明らかにされていました。
(ソース: Gamasutra)

※UPDATE(2012/6/28 11:10): 初版にてタイトル部で「最も利益を生んだフランチャイズに」と掲載していたものを「最も利益率の高いフランチャイズに」へと修正しました。訂正しお詫び申し上げます。コメント6番の方、ご指摘ありがとうございます。

【関連記事】
GDC 12: Epic Games、新型iPadと同時で『Infinity Blade: Dungeons』を発表!
海外レビューハイスコア『Infinity Blade II』
Epic Games、iPhone 4Sと同時で『Infinity Blade II』を発表!
Epic Games、『Infinity Blade』の発売日や配信価格を発表
Unreal Engine 3のパワーを見せつける『Infinity Blade』デビュートレイラー
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

    『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

  2. 『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

    『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

  3. 『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

    『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

  4. 「NEOGEO mini サムライスピリッツ限定セット」6月27日発売決定!『サムスピ』シリーズ6作品をはじめとする全40作品収録

  5. アポロ11号の月面着陸50周年にあわせたSteam「宇宙探索セール」開催!『Prey』や『No Man's Sky』など対象

  6. SNKが韓国の企業説明会で「NEOGEO2/3」と『メタルスラッグ』新作の開発を発表

  7. 【UPDATE】チェルノブイリ原発事故の処理に挑む『Chernobyl Liquidators Simulator』発表―モンスターは出ない現実路線

  8. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『Crackdown 3』などの開発手掛けるSumo Digitalが2Kと新プロジェクトを進行中

アクセスランキングをもっと見る

page top