ValveがLinux版Steamの詳細を公開、『Left 4 Dead 2』が対応タイトル第一弾に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ValveがLinux版Steamの詳細を公開、『Left 4 Dead 2』が対応タイトル第一弾に

Valveは新たに開設したブログにて、以前より話題となっていた Linux版Steam の詳細を明らかにしました。ブログの投稿によればLinux版SteamはLinuxディストリビューションの1つである Ubuntu 向けに開発されており、『 Left 4 Dead 2 』が対応タイトル第一弾となるそうで

ニュース 最新ニュース
Valveは新たに開設したブログにて、以前より話題となっていたLinux版Steamの詳細を明らかにしました。

ブログの投稿によればLinux版SteamはLinuxディストリビューションの1つであるUbuntu(バージョン12.04)向けに開発されており、『Left 4 Dead 2』が対応タイトル第一弾となるそうです。

Ubuntuを選択した理由については、テスト範囲を縮小し開発を迅速に進めるためである事や、Ubuntuがポピュラーなディストリビューションである事が挙げられています。ただし、将来的にはその他のディストリビューションへの対応も計画されているとの事。

Linux版Steamのリリース時期は定められていませんが、Valveは定期的にブログを更新し最新情報を提供して行くと伝えています。
(ソース: Valve Linux Blog via VG247)

【関連記事】
ValveがLinux用Steamクライアントを開発中、数ヶ月以内に公開へ
Steamで配信するゲームをユーザーが選出できる新機能“Steam Greenlight”が発表
E3 2012: 「消費者は4、5ヶ月後に買えば良いと考える」、EA幹部がSteamのセール戦略を批判
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

特集

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

    『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  4. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  5. 祝!Sucker Punch25周年―GuerrillaやNaughty Dog、フィル・スペンサー氏からお祝いコメント

  6. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  7. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  8. ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

  9. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  10. まだまだ人気の『サイバーパンク2077』最高同接数が『ウィッチャー3』を越す―売上でも新作タイトルを押しのける

アクセスランキングをもっと見る

page top