『Fez』のパッチが不具合を残したまま再配信へ−PolytronはMSに苦言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fez』のパッチが不具合を残したまま再配信へ−PolytronはMSに苦言

発売から2ヶ月以上が経過してようやく配信されたものの、新たな不具合発生により一時撤去されていたXBLAタイトル『 Fez 』のパッチですが、その不具合を残した同じ状態のままで再配信されることが明らかになりました。

家庭用ゲーム Xbox360
発売から2ヶ月以上が経過してようやく配信されたものの、新たな不具合発生により一時撤去されていたXBLAタイトル『Fez』のパッチですが、その不具合を残した同じ状態のままで再配信されることが明らかになりました。

開発元Polytronはパッチを修正しないで再びリリースする理由について、Microsoftの再認証手続きで何万ドルもの手数料を要求されることになり、小規模の独立系スタジオとしてそのような大金をパッチのために支払うのは、とりわけ無料でパッチを提供できるSteamのような環境がある以上、全くもって意味がない行為であると説明。

また、セーブデータが破損する不具合の影響を受けるのは、そのほとんどは既にゲームをクリアしているごく一部のプレイヤーのみで、パッチは99%以上の大部分のプレイヤーに対して多くの問題点を修正できるものになると述べ、セーブが破損してしまったユーザーに向けては「心からお詫び致します」と謝罪。

PolytronはMicrosoftのパッチ認証コストに苦言を呈しただけでなく、XBLAでゲームをリリースするに当たっても多額のロイヤリティーを支払っており、プラットフォーム独占契約でMicrosoftから対価が支払われるというのは人々の勘違いであると訴えています。

時を同じくして、Polytronは「でもXBLA独占契約が終わるまで残り数ヶ月!」とツイートしており、今後『Fez』がSteamやPSNなど他のプラットフォームに登場する可能性が高まっています。(ソース: Polytron Corporation: We’re not going to patch the patch)

※UPDATE: ソースの発表内容に従って本文の記述を一部修正・加筆しました。

【関連記事】
『Fez』に最新パッチが当てられるも新たな問題が発生
XBLA『Fez』のセールスが10万本に到達、パッチも間もなく配信
『Fez』のクリエイターPhil Fish氏が2つの新作タイトルを準備中
Fez開発者も登場する映画『Indie Game: The Movie』がSteamにて予約開始
Polytron、『Fez』の不具合対策にMicrosoftと取り組み中
海外レビューハイスコア 『Fez』
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS5最新予約状況ひとまとめ…ヤマダ電機の抽選応募締め切り迫る!【UPDATE】

    PS5最新予約状況ひとまとめ…ヤマダ電機の抽選応募締め切り迫る!【UPDATE】

  2. SIE、PS5予約謝罪は米国向け「米国では多くの販売店での予約が終了してしまったため」

    SIE、PS5予約謝罪は米国向け「米国では多くの販売店での予約が終了してしまったため」

  3. PS5ローンチタイトルとして『Godfall』パッケージ版が国内向けに11月12日発売決定!

    PS5ローンチタイトルとして『Godfall』パッケージ版が国内向けに11月12日発売決定!

  4. 『DEATHLOOP』『Ghostwire:Tokyo』のPS5独占は尊重とフィル・スペンサー氏語る―今後のベセスダのゲームに関してはケースバイケース

  5. ハイクオリティFPSアクション『Bright Memory』がXbox Series X|Sのローンチシーズンに発売決定!

  6. XSX新ワイヤレスコントローラーのシェアボタンを紹介するトレイラー公開

  7. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  8. ヨドバシ・ドット・コムにてPS5の予約抽選申し込みが開始!21日時点で通常版は当選倍率21倍、デジタル・エディションは41倍【UPDATE】

  9. ベセスダ新作『DEATHLOOP』と『Ghostwire: Tokyo』コンソール版はPS5独占―日本語吹き替えトレイラーも披露

  10. タイムループアクションADV『DEATHLOOP』2人のターゲットを一気に始末する「一石二鳥」な最新トレイラー!

アクセスランキングをもっと見る

page top