放棄状態にあった『人喰いの大鷲トリコ』の海外商標が再出願 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

放棄状態にあった『人喰いの大鷲トリコ』の海外商標が再出願

先日には商標が放棄状態で発見された『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian』ですが、騒動の3日後となる8月9日付けでSCEAが商標を再度出願していた事が海外ユーザーのでの報告から明らかとなりました。

ニュース 最新ニュース
先日には商標が放棄状態で発見された『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian』ですが、騒動の3日後となる8月9日付けでSCEAが商標を再度出願していた事が、superannuation氏のTwitter上の報告から明らかとなりました。

放棄状態となった翌週にはSCE WWSの吉田氏から開発状況も伝えられ、技術的問題に対処している事を説明。海外サイトでは開発中止を疑う声も多く挙がっていましたが新たな商標も確認された事でひとまず安心としています。尚、商標の放棄や今回の再出願の詳細についてはソニーから今のところ正式なコメントはありません。(ソース: Trademarkia via GamingEverything , Twitter)

【関連記事】GC 12: SCE吉田氏が『人喰いの大鷲トリコ』の近況や延期の経緯を説明
『人喰いの大鷲トリコ』の商標についてソニーが回答 「現在も開発中」
噂: 『人喰いの大鷲トリコ』の海外商標が放棄状態に【UPDATE】
上田文人氏が『人喰いの大鷲トリコ』の開発状況についてコメント
E3 2012: 『人喰いの大鷲トリコ』の不在についてソニー幹部がコメント
《FURUKAWA》

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

    Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  5. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  9. Steamにて予約購入したゲームがリリース前であれば返金可能に、アカウントページから簡単に申請可

  10. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

アクセスランキングをもっと見る

page top